展示会で疲れない靴

・1日広い展示会場を歩いても、ブースに立っていても足が疲れない
・展示会は年に数回なので、家計に優しい靴  = 家族に購入の了承を得られる
・展示会は人に見られるので、見た目もかっこいい  = 恥ずかしくない
・せっかく購入するのなら、展示会以外でも使える
・展示会意外にも使えるメリットも?

詳細の説明記事はこちらです
名言・ことわざ・格言を仕事に活かす

虎の威を借る狐にならない。顧客のクレームにすり替える営業マンの例

「顧客が言ってるから」をいつも言っている営業は、いざという時に他部署からの協力を得られなくなります。 ほとんどの場合、自分のミスを修正するために、この言葉を使います。 自分のミスを顧客のクレームにするのは、「虎の威を借る狐」と同じです。
名言・ことわざ・格言を仕事に活かす

明けない夜はない。辛い嫌な仕事を乗り切る方法

「明けない夜はない」の意味とは? この言葉を使った厳しい辛い仕事を乗り越える方法があります。「時間がたてば終わる」と思えば心が楽になるという乗り切り方です。この方法が有効かどうか、実験してみました。
2018.11.29
上司・部下・同僚

中間管理職が上司の指示と部下の意見のギャップを埋める方法

中間管理職とは主に課長を示します。中間管理職は上司と部下の間で、上層部の経営戦略と現場のギャップに悩みます。この悩みを解決するためにギャップの原因をしり、解決方法を実践します。よくある組織の伝言ゲームで、間違った伝言にならないように、シンプルな1つの文章で部下に伝えます。
資料

営業日報の書き方。出来ない上司でもわかる「ひな形」付き。

営業日報の作成は簡単です。まず、フォーマットを作成しておきます。(テンプレート入り)また、書く内容の順番を正しく理解して、作成を行う事で、上司に評価されます。 日報の順番:1 日時、場所、出席者、2 打ち合わせの結論、3 打ち合わせの内容、 4 課題、5 対応策と対応のスケジュールの順番を覚えます。
営業のタイプ

営業が向いていない人は、グレーゾーンを理解出来ない性格の人です。

営業に向いている人はたくさんいますが、向いていない人とは実際は一つの性格を持った人です。実際に営業に向いていない人の特徴はグレーゾーン(曖昧さ)を持っていない人です。この性格の人は、論理的な能力が高く、会社でも評価されますが、営業には向いていません。それは、顧客との会話や交渉で「曖昧さ」が生じる事が、営業に向いていない原因を作ります。
2018.11.04
名言・ことわざ・格言を仕事に活かす

十人十色の意味から学ぶ!人と比べてしまう事は無意味な事を知る

他人と能力・行動・性格などを比べてしまい、落ち込んでいるあなたへの解決方法を紹介します。人は誰もが、同じ環境で生まれ・育って生きてきたことはありません。また、完全に人の遺伝子が一致しない事から、双子で同じ家庭で育っても、完全に同じ考えや同じことをしません。  
2018.11.11
名言・ことわざ・格言を仕事に活かす

継続は力なり!目標を達成する数字の目安を知る

目標が達成されるまでの数字を知ることで、継続が出来ます。その数字は100%  ⇒ 80% ⇒ 20% ⇒ 10% ⇒ 5 %です。この意味をしり、物事をあきらめず、続けることができます。また、マイルストーンを使うことにより、達成感を味わい、モチベーションを高めます。
2018.10.27
営業のタイプ

営業マンのタイプ別を動物で表現しました。あなたの職場を見てね。

営業マンはいろんなタイプがいます。そのタイプを動物で擬人化し、タイプ別の診断をしてみました。良い点・悪い点を知り、個性を磨き、悪いところを修正していきましょう。
2018.10.08
名言・ことわざ・格言を仕事に活かす

全ての道はローマに通ずの意味から学ぶ、目的達成の方法 

全ての道はローマへ続くという慣用句があります。これは二つの意味があります。一つ目は、目的を達成するまでの、方法(経路)や考え方はいくつもあることのたとえです。二つ目は、一つの真理は全ての事に通ずるという意味があります。仕事で自信がなくなったり、迷っても、この言葉を思い出し、行動に移します。
2018.11.11
受注売上

期末に間違った売上計上をすることはコンプライアンス違反です

年度末や半期末になると、営業マンは売上を計上(上げる)するために、奔走します。しかし、行ってはいけない売上計上の仕方もをあります。ケースの身近な事例からコンプライアンス違反とは何かを学びます。
2018.09.24
スポンサーリンク