展示会で疲れない靴

・1日広い展示会場を歩いても、ブースに立っていても足が疲れない
・展示会は年に数回なので、家計に優しい靴  = 家族に購入の了承を得られる
・展示会は人に見られるので、見た目もかっこいい  = 恥ずかしくない
・せっかく購入するのなら、展示会以外でも使える
・展示会意外にも使えるメリットも?

詳細の説明記事はこちらです

嫌いな苦手な上司と上手く付き合い、仲良くなる方法

BOSS 上司・部下・同僚

 

上司が嫌い、苦手と感じる事は、正常です。

 

上司は嫌な事を命令しますし、人柄の悪い上司もいます。
また、自分との相性が悪い上司もいます。

会社に勤務している時間は平日では少なくとも1日の3分の1はありますので、折角ですから、仲良くした方が楽しいですね。

・上司と長い時間を共有し、仲良くなる方法
・上司に好かれようとせず、自分のスキルを磨き、結果的に仲良くなる方法

 

上司と仲良くする2つの直接的な方法と間接的な方法を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 まず、上司を何故、嫌いなのか?

上司を嫌だと感じる代表的な理由

 

・出来ない命令をする
・感情的に、叱るのではなく、怒る
・手柄は上司のもの
・失敗は部下に押し付ける
・飲み会に頻繁に誘う、断ると怒る

 

嫌な上司

 

多くの理由がありますが、上司を嫌うのは普通の感情です。

 

また、表面上は嫌な上司でも、本当は良い上司である場合もあります。

 

上司はもしかしたら、こう思っているかも知れません。

 

・チャレンジをさせたくて、期待した指示をしている
・怒っていなく、叱っているつもりである
・影で、部下を評価している
・上司のその上の上司には、あなたの失敗を上司自身の失敗にしている
・飲み会しか、コミュニケーションが出来ない性格

 

単に、部下への発言が、苦手なのかも知れません。

 

良い上司

 

違う上司もいますが、性善説として、仲良くなる方法を実践しましょう。

性善説とは

中国,古代の性論の一つで,人間の本性は善であるとする説。
戦国時代の孟子が唱えた。彼は人々が善を思うのは,だれにも先天的に道徳的本性があるからで,これを拡大しさえすればだれでも善人,聖人になり,人が悪を犯すのはそれを忘失しているからだと説き,この本性を「人に忍びえない心」「四端」「本心」「良知良能」などともいった。

引用:コトバンク   性善説

 

スポンサーリンク

嫌いな、苦手な上司との対処方法

苦手を克服するために、上司と上手くやっていく対処方法を2つ紹介します。

 

1、【直接的手法】長く楽しい時間を共有する

 

上司と仲良くなるのは、難しいから悩んでいるという人もいますが、これは意外と簡単です。

「長い時間」を共有することです。

 

長い時間を共有する理由

 

人は、一緒に長い時間を共有すれば、感情移入され、仲良くなります。

極端な例として「ストックホルム症候群」があります。

 

1973年8月、ストックホルムにおいて発生した銀行強盗人質立てこもり事件において、人質解放後の捜査で、犯人が寝ている間に人質が警察に銃を向けるなど、人質が犯人に協力して警察に敵対する行動を取っていたことが判明した。また、解放後も人質が犯人をかばい警察に非協力的な証言を行ったことなどから名付けられた。

引用:WIKIPEDIAストックホルム症候群

 

 

この原因は閉鎖的空間で、非日常的体験を長い時間行う事により、精神的に高いレベルで共感します。

これは極端な例ですが、職場でも同様に、

 

閉鎖的空間=職場
長い時間=勤務時間

 

この二つを共有していますので、長い時間を共にすれば共感する可能性は多くあります。

 

しかし、「現実には嫌な上司と感じている、上司から嫌われている」と思っています。

その原因は、ストックホルム症候群では「非日常」です。

職場は「日常」です。

日常であるため、共感が薄れ、「上司が嫌い・苦手、上司から嫌わている・苦手とされている」と逆方向になりがちです。

スポンサーリンク

日常において、長い時間を共有し、共感を得るには?

 

日常において、もっとも共感するのは、「長い時間+楽しい経験」です。

* よく、同級生同士で結婚したり、職場や会社の知り合いで結婚するのは、日常において、比較的に長い間一緒にいる事ができ、楽しかった事があるのが理由の一つです。

 

つまり、「長い時間+楽しい経験」を一緒に過ごす事により、日常では「仲良くなります」。

これを上司との付き合いに「応用」を行えば、仲良くなれます。

 

楽しい経験

 

楽しい経験を積み、共感する方法

 

楽しい経験というのは、自分だけではなく、上司も楽しいと思わないと共感は生まれません。

 

楽しい経験を積む方法:

・上司の仕事の依頼を1ケ月間、全て「YES」と言ってみる

注:仕事の依頼のみです。プライベートの依頼は「NO」でもOKです。

 

上司を嫌いで納得出来ないのに、YESと言うのは辛いですが、10回行えば、上司は心を開いてくれます。

なぜなら、人は自分に同調してくれる人を心の底から悪くは思いません。

数多く行う事で二人の波長が合ってきます。

すると、会話が徐々に生まれ、二人の話題も楽しい話題になれば、楽しい経験を共有できます。

 

YES

 

更に

・上司に「YES」といいながら、疑問を質問する。

これは、「YES」と何度か言うと、質問できる機会が出来ます。

 

自分の疑問質問する事により、会話が多く生まれます。

上司は特に、質問に対して、えらそうに答えたいものです。

 

上司の言葉を「はい、わかりました。そのようなお考えもあるんですね。勉強になりました。」と言うと、上司も誉められると嬉しくなり、ドンドン会話が進み、楽しい時間が増えていきます。

 

質問時の最大の注意点は:

質問をして、上司が回答をした時に、反論してはいけません。
⇒これが、仲が悪くなる最大の原因であり、逆効果になります。

 

***この方法が難しい場合は、2番目の間接的な対処法を行ってください。

 

プチ・プライベートの付き合いに関して

 

良く言われる飲み会、ゴルフ等の趣味に付き合う事は、あまりお勧めできません。

仲がもともと良い場合は、このプチ・プライベート(プライベートなのか仕事なのかわからない)は相乗効果を生みますが、仲が悪い場合は、この悪さが増します。

 

長く楽しい時間を共有するのは、仕事で行います。

仲良くなって、初めてプチプライベートを行い、更に仲良くなります。

スポンサーリンク

2、【間接的手法】ある分野で自分が一番になる事を見付ける

 

1番の対処方法とは、考え方が反対の対処方法です。

上司と仲良くなる事が出来ないと思った場合の行動です。

 

自分の行動を組織の業績を上げる事だけに注力を行い、圧倒的な1つの分野のスキルを磨きます。すると、不思議な事に、直属の上司の上司、他部署の上司から話しかけられるようになります。
他の上司と会話が生まれ、まず先に、自分の直属の上司以外と仲良くなります。

 

結果、周りを気にする直属の上司は、仲良くしようと上司から話しかけてくるようになり、間接的に仲良くなります。

 

この後は、1番の方法と同じで、上司との長い時間の共有が開始されます。

 

この対処方法のポイントは、必ず、ある狭い特定の分野で第一人者になる事です。

 

例えば、

会社で一番営業成績が良い。
財務の知識は会社で一番知っている。
パソコンのスキルが会社で一番。
接待や飲み会の場所は全部アレンジできる

等、なんでもかまいません。

 

何か一つでも、一番にならないと、このケースは成功出来ないので一番を目指しましょう。

 

 

仮に上司が代われば、悩みは無くなると考えがちですが、上司が代わっても同じ問題が起きます。

それは、仕事を共にしている限り、上司を100%受け入れる事は不可能です。

スポンサーリンク

まとめ

 

嫌いな、苦手な上司と仲良くなる方法は

上司を嫌いなことは正常な感覚です。
1、【直接的手法】長く楽しい時間を共有する
長い時間を共有する理由:人は時間で共感できる
日常において、長い時間を共有し、共感を得るには?:楽しい経験を積む
楽しい経験を積み、共感する方法:会話を弾ませる
プチプライベートの付き合いに関して:仲良くなってから行う
2、【間接手法】ある分野で自分が一番になる事を見付ける:
直属ではない上司との会話が生まれ、自然と直属の上司との会話が増えます。その後、1番の長い時間の共有が始まります
スポンサーリンク
スポンサーリンク
展示会で疲れない靴

・1日広い展示会場を歩いても、ブースに立っていても
 足が疲れない
・展示会は年に数回しかないので、家計に優しい靴 
 = 家族に購入の了承を得る事ができる
・展示会は人に見られるので、見た目もかっこいい 
  = 恥ずかしくない
・せっかく購入するのなら、展示会以外でも使える
・展示会意外にも使えるメリットも?

上司・部下・同僚
スポンサーリンク
725mkをフォローする
サラリーマン営業のスペシャリスト  725mk