スポンサーリンク




沈黙は金なり!会社生活でも使える名言です。

記事が気に入ったらシェアをお願いします

会社生活では、「沈黙は金」は使えるのか?

「雄弁は銀」は「沈黙」より、使える印象があるが確かだろうか?

この二つの言葉を、会社生活や仕事において如何に活かせるか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

沈黙は金とは

イギリスの思想家・歴史家のトーマス・カーライルの『衣装哲学』にあることばで、「Speech is silver, silence is golden.」から。
「沈黙」を、銀よりも高価な金にたとえていったもので、よどみなく話せることも大事だが、黙るべきときを知ることは、もっと大事だということ。
「雄弁は銀、沈黙は金」「沈黙は金」ともいう。

引用:故事ことわざ辞典   沈黙は金、雄弁は銀

山田係長
安岡部長おお、よく聞く言葉ですね。やっぱり、いらない事を喋るのはマイナスになりますよね。

安岡部長
「沈黙と雄弁」は 使い分けが大事よね。

「沈黙は金」を使って失敗するケース

安岡部長
1980年代の就活で有名な言葉があるよね。○○ビールで受かった説! 都市伝説かも?だけど。

山田係長
なんですか? もしかして、就活で「沈黙」ですか。 喋らないと受からないでしょう。

・就活には使えない沈黙

むかし、むかしの有名な就活面接での言葉

「男は黙って○○ビール」

ずっと面接中に喋らず、最後にこの言葉を発して、面接に受かったという都市伝説。

今、同じ事をすると、「失語症」「鬱」等と疑われ、まず、面接に受からないでしょう。

縁の下の力持ち 営業職の就活面接はNG

・会議で使えない沈黙

会議に参加をして、何も発言しないのは評価されません。

これは、「自分の意見をもっていない」「会議内容の解決策や、改善に興味がない」と思われ評価は下がるでしょう。

・顧客と面会、打ち合わせをする時

山田係長
顧客と会っている時に喋らない人はいないでしょう?

安岡部長
それがね、結構いるんだよ。この人は注意だね。

・例えば、顧客が自社を訪問した時に、顧客が3人で、自社の参加人数が5人以上の場合

必ず、自社の参加している人で名刺交換以外、喋らない人がいます。

山田係長
確かにいますね。でも何故喋らないのでしょうか。

・それは、顧客と喋る事により、自分の宿題が増えたり、業務が多くなると勝手に思っている人がいます。

安岡部長
会議と同じで、沈黙はNGですね。もっと自分をアピールしてね。

上記の例で「雄弁は銀」になるのか?

雄弁とは?

人の心を動かすように,力強くよどみなくしゃべること。また,そのさまやその話

引用:Wblio辞典   雄弁とは

・就活面接

雄弁も必要ですが、面接者とのコミュニケーションが大切になります。

たくさん(よどみなく)話すより、熱意をもって、的確に面接者の質問に答える事が重要です。

間や、答えるタイミングが重要になります。

少し意味は異なりますが、就活面接のヒント

 

・会議での発言

これも、意外でしょうが、就活面接と同じで、雄弁をしても会議の求める内容と違っていれば、意味はありません。

更に、一人でよどみなく話すと、周りは引いてしまいます。

ポイントのみを結論から話す事が良いですね。

営業の例 会議の発言と顧客との発言は異なります

安岡部長
「雄弁は銀」は会社生活や仕事では有効ですが、「よどみなく」「絶えず」「引っ切り無しに」喋るのはマイナスになりますね。

・顧客との面会、打ち合わせ

これこそ、「雄弁は銀」になります。

顧客に対して、自社のアピールポイントを雄弁する事で、顧客は必ず心を動かされます。

よどみなく話しても、多くの顧客は話を聞いてくれます。

何故なら、顧客は自社に有利な提案や、事柄を欲しているからです。

山田係長
確かに私も、重要な商談の時は熱弁をふるいますね。雄弁をした時はよく受注が決まります。

沈黙は金を使って成功するケース

山田係長
沈黙は会社では使えないですね。

安岡部長
いやいや、重要な場面こそ、沈黙は大事だよ。

会社で、身の回りにトラブルが発生した時

会社ではトラブルはつきものです。

トラブルが起こると、噂話をする人がたくさんいます。

興味本位で噂話する人は、後日、周りからの信頼が得られません。

噂話好きはいいのですが、トラブル発生時に噂話をする人は、当事者の事を考えず、興味だけが優先している自己中心的な人と思われます。

特に、噂だけをして、トラブル解決の手伝いをしない人は最悪です。

少しでも解決の手助けをして、自社の危機を乗り越える事が大切です。

トラブル時は黙って、手助けをしている人が一番素敵です。

上司や顧客から怒られた瞬間~15秒くらいの間

会社で怒られた時は、15秒くらいは沈黙するのが最適です。

よく、怒られると、直ぐに言い訳から始まる人がいます。

これは、反省がなく、課題を把握を出来ないので、成長出来ない人と上司は思います。

上司だけでなく、顧客も同じ様に見ているケースも多くあります。

「怒られた時は」直ぐに発言すると、自分の評価は確実に下がります。

まずは、黙って、しんみりと聞きましょう。

山田係長
これって、意外と大事ですね。

安岡部長
もし、上司や顧客の怒っている事が間違いの場合は、一旦、内容を聞いてから説明をした方がいいね。

沈黙は金は、現代社会でも良く使っている

山田係長
聞いている限り、「沈黙は金、雄弁は銀」はサラリーマンの仕事では、あんまり使えないですね。

安岡部長
そお、日頃から使ってるけどね。

山田係長
安岡部長はしょうもない話を延々としているだけじゃないですか? あと二日酔いの時に黙っているだけでしょう。それは、沈黙や雄弁とはいいません。

「沈黙は金、雄弁は銀」は前述のとおり、トーマスカーライルの名言です。

トーマスカーライルが活躍した時代は、1800年代です。

現代社会とは、比べようもないくらい、スピード感が異なります。

当時は、飛行機もインターネットもありません。

東京~大阪間で、昔は歩くと少なくとも2週間は掛かっていました。

今では、飛行機で1時間半でつきます。

このスピード感の異なりのため、あまり使えない名言の様に思えてしまいますが、現代社会でも良くこの名言を使っています。

例えば、営業マンが顧客と商談する時に

営業マン:

「この商品は、御社の生産貢献に使えます。コストが5%削減できますよ」

「その理由は、この製品が他社に比べて、電気代が大幅に安いからです。」

雄弁をします

顧客:

「わかるけど、もう少し安くしてよ」

営業マン:

「・・・・・・・・」

考えた振りをして、沈黙します。

これは、沈黙しないと、先に出した価格で「高く売りつけようと」と顧客に思われないようにするためです。

営業マン:

「わかりました。今回の価格は特別だったので、上司に直談判をして、御社の希望価格に少しでも沿う様に頑張ります。」

雄弁します。

山田係長
確かに、私も雄弁と沈黙を使い分けますね。昔と違い、時間の感覚が速いんですね。

昔と今の「沈黙」と「雄弁」

昔:沈黙も雄弁も1時間、1日、1週間と長かった。

今:沈黙も雄弁も5秒、10秒、時には1秒間と短くなっている。

余談:生活において

・生活ではどう使うのでしょうか? 

異性との関係において、使う場合が多いようです。

沈黙: 嘘をつくのはよくありませんが、つい嘘をついた時は「本当になる」、「相手が落ち着く」まで「沈黙」を守りましょう。

沈黙は、信頼感が増します。

何故なら、相手が良いように解釈してくれる場合が多いためです。

雄弁をすると、辻褄が合わない言葉が出てきますので、その後が大変になります。

雄弁: 異性を口説く時や、自分が認められたい時は熱く語りましょう。

また、サークルや同好会等で人を集める時は、思いっきり熱弁をする事で人が集まってきます。

仕事でも、普段の生活でも、上手く使い分けたいですね。

まとめ

1、沈黙は金とは:トーマスカーライルの1980年代の名言
2、沈黙は金を使って失敗するケース:
就活、会議、顧客との打ち合わせでは沈黙はNG
3、沈黙は金を使って成功するケース:
トラブル時の噂話に関与しない。会社で怒られた時には一旦黙る
 
4、沈黙は金は現代社会でも良く使っている
昔と異なり、スピードが違うため、絶えず会話の中で「雄弁」と「沈黙」を使い分けている

仕事に活かす!ことわざ・慣用句・名言の事例集からチャンスを掴む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事が気に入ったらシェアをお願いします

フォローをお願いします