スポンサーリンク




コンプライアンスを守るとは? 誰もが違反の可能性! 事例で学ぶ法令遵守

記事が気に入ったらシェアをお願いします

コンプライアンスを守る事は自分を守ることです。

仕事が良く出来ても、コンプライアンス違反を行うと、一瞬で会社にいれなくなります。

何を差し置いても、コンプライアンスを守りましょう。

山田係長
安岡部長おお、最近コンプライアンス研修が多いですね。
安岡部長
そうだね。今や企業は仕事・業績よりも、まずコンプライアンスを守らないと、継続できなくなっているね。
山田係長
わかるんですけど、営業はグレーゾーンが多いから、コンプライアンスをどこまで守ればいいかわからないですよ。
安岡部長
全ての法令を守るのは必須だよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

よくあるコンプライアンス違反の例

安岡部長
コンプライアンスは、主に、法令順守と理解されているね。

法律や社会的な通念を守ること。法令順守と訳されることが多い。1990年代後半から企業の法律違反に端を発する事件が相次いで発生したことから、企業はより厳密に法律を守るべきという社会的要請が強まっている。商法や独占禁止法、不正競争防止法など企業活動において直接触れる法律はもちろん、最近では、個人情報保護法や2008年にも適用が見込まれる日本版SOX法(企業改革法)に対して、企業は対応を迫られている。

引用:コトバンクコンプライアンス

コンプライアンス違反の事例1(営業編)

安岡部長
営業の「やる気のある営業マンが違反をする傾向にある」ケースを見てみよう

・顧客:夕方17時にTELあり
「今日中に見積の回答をしてください。明日朝から決裁会議だから」

・上司:「今日は定時退社日だよ、17時半に帰ってね。」
「帰宅してもパソコンは開かないでね。」

・総務:17時半 「早く帰ってください」と会社から追い出される

・やる気のある担当:

「そうは言っても、見積作成まであと2時間かかります。このままでは失注しますよ。」

「定時退社日の振替申請をお願いします。」

・上司、総務:「でも、君は既に規定残業時間を超えているから、残業はNGだよ」

・やる気のある担当:

「では、○○課長が見積作成と提出を行ってください」

・上司:「見積する内容がわからないよ」

・やる気のある担当:

「本当に失注しますよ。いいんですか。私は残業します。」

と言って、勝手に残業をする。

山田係長
私もよく経験するケースですね。

安岡部長
そうだね。特に営業マンは受注を取るためなら、何をやっても当然だと間違えている人も多いよね。

このケースの大きな間違い

1、会社の規則(勤務管理)を守る事は、営業活動より上位である。

会社の規則 > 営業活動 > 受注

2、このやる気のある営業マンの考え

受注 > 営業活動 > 会社の規則

このように守るべきコンプライアンスと営業マンの考えが正反対になっている場合にコンプライアンス違反が起きます。

* 外回りの営業では、営業車にドライブレコーダーが最近は付いています。

これも、コンプライアンスを守るための、会社の防御策です。

コンプライアンス違反の事例2(技術編)

山田係長
仁はSNSをたくさん行っているからコンプライアンス違反には注意してね。会社の事を書いてはいけないよ。

新人 仁さん
書きませんよ。会社の事は書かずに、山田さんの個人的な悪口だけです。

安岡部長
技術社員の「よく出来る社員が嫉妬や自慢から陥る」ケースを見てみよう

・技術社員: 

顧客と打ち合わせで新製品の開発を行う事になり、新製品の内容を知った

・上司  : 

NDA(秘密保持契約)があるから誰にも喋ってはいけないよ

秘密保持契約(ひみつほじけいやく、英語: Non-disclosure agreement、略称: NDA)とは、ある取引を行う際などに、法人間で締結する、営業秘密や個人情報など業務に関して知った秘密(すでに公開済みのものや独自にないし別ソースから入手されたものなどを除外することが多い。)を第三者(当該取引に関連する関連会社や弁護士、公認会計士などを除外することが多い。)に開示しないとする契約。機密保持契約、守秘義務契約ともいう。

引用:WIKIPEDIA  秘密保持契約(NDA)

・技術社員 : 

わかってますよ。大丈夫です。

【ある飲み会】

・技術社員の大学の同級生: 

今度大きなプロジェクトを任せされる事になったから、気合い入ってるんだよ。

・技術社員 : 

すごいね。やったね。頑張ってね。

心の中 ⇒ 

俺も大きな仕事をやっているのに!

【帰りの電車】

・技術社員 : 

SNSで同級生に、「さっきは言わなかったけど、実は○○社の○○商品の開発を行っていて、来月出るんだよ。たくさんの機能がある商品だよ」と自慢してSNSで商品の画像を流してしまった。

【その3日後】

・上司   :

君ね、取引先から大クレームが来ているよ。最悪、取引停止になるから、処罰は覚悟してください。

・技術社員 :

しまった。アイツが画像をSNSで拡散したからだ。

スマホ

このケースの大きなミス

1、会社の規則(情報漏洩)を守るために、自分の感情を抑えなくてはならない。

会社の規則を守る ⇒

SNSで発言をしない ⇒ 

感情を抑える

2、この技術社員の場合

感情が抑えられない ⇒ 

SNSで発言 ⇒ 

会社の規則に違反

このように守るべきコンプライアンスと技術社員の感情の比較が逆転する時にコンプライアンス違反が起きます。

コンプライアンスに関して、最近は会社で勉強会や注意喚起のメール等かあるので、必ず勉強をし、メールを読みましょう。

会社は個人の成績が良くても、コンプライアンスに関しては非常に厳しい対応を取ります。

中でも、日頃、一番注意するのは、SNSでの発言です。

会社の内容や個人名での他人を傷つける発言は完全にNGです。

SNSはプライベートなので、問題ないと考える人もいますが、発信内容が会社に関する場合は情報漏洩になるケースに発展します。

何故、SNSは情報漏洩しやすいのか?

新人 仁さん
安岡部長、何故、SNSは情報漏洩等が起こりやすいんですか? 拡散するからですか? でも僕はSNSの世界では無名ですよ。

安岡部長
それはね、無名でも内容によっては拡散する場合もあるけど、もっと可能性が高いのは身近な人とSNSを行うから情報漏洩しやすいんだよ。

新人 仁さん
身近な人も、無名ですけど……

身近な人と自分との関係例

1 家族 - 

自分の仕事を知っている

内容は知らないかもしれないが、勤めている会社名くらいは知っている

2 友人 - 

自分がどこに勤めていて、どのような職種かを知っている

時には、悩みを打ち明けるため、自分の職場の人の性格までも知っている

SNSで知り合った友人も、会話内容で仕事内容がわかる場合もある

3 職場 - 

自分の仕事内容を詳細に知っている

職場でも友人がいる

4 学校の知り合い ー 

自分の勤め先を知っている。中には友人でなくても仕事の内容を打ち明けている場合もある

5 会社での知り合いー 

当然、自分の勤め先、仕事内容を知っている

安岡部長
SNSを流すのは、おおよそ、この5グループが多いんじゃないかな。

新人 仁さん
そうですね。僕も5グループくらいですね。でも、このグループの何が悪いんですか。

安岡部長
悪くはないんだけどね。5グループから流される可能性が多いんだよ。




身近な人から流されるSNS

1 家族 - 

家族を自慢したいと思い、気軽にSNSで発言する可能性

会社に勤めていない人もいるので、コンプライアンスを知らないケースもある
* 最近でもI-Phone-X問題で話題になりました

2 友人 - 

家族と同様に、同じ会社に勤めていないので、コンプライアンス違反を考えない。

また、友人の友人にも紹介してあげたい親切な気持ちもあり、SNSで発言する可能性

       
3 職場 - 

同じ職場では、コンプライアンス違反を知っているため、SNSでの発言は少ないが、職場の中で内部告発される可能性が一番高い

4 学校の知り合い ー 

友人という立場より少し関係が離れており、二つの事が考えられる

① 友人と同様に親切心からSNS発言
② 嫉妬によるSNS発言

5 会社での知り合いー 

仕事が直接自分と取引がなくても、同業種にいる可能性が高く、自分のSNS発言の内容が曖昧でも、意味を理解できる。

意味を理解するとNGワードであれば、自分の働いている会社に注意喚起を行う可能性がある

新人 仁さん
安岡部長、SNSで流される可能性はわかりましたけど、3番の職場以外は、あまり拡散されないのではないでしょうか。なんせ、みんなSNS世界では無名なので。

安岡部長
拡散されるんだよ。ここで「6次の隔たり(ろくじのへだたり)」と言う事を知っていればわかるよ




人から人へのネットワークは5人を介して全世界につながる

6次の隔たりとは!

世界中の人間は、「知り合いの知り合い」といった関係をたどっていくと、5人の仲介者を経て、6人目でつながるという考え。米国の社会心理学者スタンレー・ミルグラム(Stanley Milgram)が、米イェール(Yale)大学の教授だった1967年に行った「スモールワールド実験」が基になっている。
スモールワールド実験では、直接つながりのない相手に宛てた手紙を、まずは自分の知り合いに宛て、その後、「知り合いの知り合い」を通して転送してもらい、何人を経由して到達するかを検証した。後の研究者によって実験の精度が高められるなどしたが、結果的に、相手に到達するのは、平均すると6人目であり、この実験によって、思ったよりも「世間は狭い」というスモールワールド現象が確認できた。

引用:コトバンク6次のへだたり

安岡部長
要約するとね。日本からアメリカの○○さん宛の手紙を、自分の知り合いに「届けて」とお願いをすると6人目でアメリカの○○さんに届く可能性が高いという事だよ。

新人 仁さん
そうなんですか。信じられないですね。

安岡部長
マーク・ブキャナンが著書の「複雑な世界、単純な法則」で書いているよ。

新人 仁さん
その本教えて下さいよ。

安岡部長
ごめん、俺も読んだんだけど、何回読んでも30ページくらいで終わって読めなかったわ。冒頭のこの6次の隔たり以外の内容がさっぱりわからなかった。もし、興味があるなら、アマゾンで売ってるよ。

安岡部長
話が少しズレたけど、この6次の隔たりの例は手紙だよね。

新人 仁さん
そうか、手紙だと時間はかかりますが、SNSだと1日でも伝わる事が可能ですね

安岡部長
そうなんだよ。だから、身近な人のSNSでも、すぐ拡散されるから注意してね。

まとめ

・コンプライアンスを遵守するための例
① 業務を優先する事とコンプライアンスを守る事とは次元が違う
② 感情に流され、会社の内容をプライベートに持ち込むとコンプライアンス違反になる可能性が高い
・SNSの発言は、身近な人にも気を付ける。
 SNSの拡散は、5人を介せば世界中に拡散される。しかも速い。

安岡部長
山田君、コンプライアンス研修で勉強したの。

山田係長
はい、勉強になりましたが、50代の数名が「SNSって何でしょうか」と質問をされたので、SNSを教える研修になりました。

コンプライアンスを考えると、何も出来なくなるかも知れませんが、普通に正しい事を行なっていれば、過敏になる必要はありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事が気に入ったらシェアをお願いします

フォローをお願いします