スポンサーリンク




もし、「顧客が言ってるから」をいつも言っている営業は注意!

記事が気に入ったらシェアをお願いします

新人 仁さん
山田さんねえ、顧客が納期を早くしてと言われているんですよ。何とかして下さいよ。

山田係長
なんだよ、仁。何とかするけど、なぜ急に顧客は要望してきたの。

新人 仁さん
はい、それはですね・・・・

山田係長
わかった、仁は注文を工場に入れるの遅かったんじゃない。

新人 仁さん
その通りです。すみません。

山田係長
仁、顧客のせいにしてはいけないよ。後から工場がわかれば、工場は二度と協力をしてくれないよ。

山田係長
自分のミスを営業は顧客にせいにしてはいけないんだよ。

新人 仁さん
はい、わかりました。今後は正直に話します。だからあ許してええ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

営業は「顧客が言ってるから」をやめよう!

営業がよく、自分のミスを隠すために、顧客が言ってるからっていう事があります。

これは他部署の人達はわかっているケースが多く、自分の信頼がなくなります。

顧客の実際の要望があるときは、具体的に他部署に説明しましょう。

では、何故、営業はこの言葉を言ってしまうのか。

安岡部長
仁、山田君にいじめられてるの。

山田係長
違いますよ。仁が「顧客が言ってるから」を都合よく使おうとするから注意をしていんたんです。

安岡部長
山田君、それは当然だわ。

山田係長
安岡部長らしくないですよ。これは駄目でしょう。

安岡部長
うん、ダメやわ。注意するより、根本的に、何故言うかを考えた方がいいわ。

「顧客が言ってるから」を言う人

・ 顧客の要望を期日通りに約束を守らない

・ 社内の業務書類を作成せず、他部署にまわすのが遅くなる

・ 自分は忙しいから悪くないと、日頃から、全て他人のせいにする

・ 上記にもかかわらず、問題を避けたい

・ それは近い将来顧客に怒られるから

・ そのため、早く、自分のミスなしに工場側を動かしたい

安岡部長
このようにな、会社が利益や売上を上げる事をどうでもいいと思っている人もいるんやわ。

山田係長
私は思った事がないですけど、少なからず、営業はこの言葉を言ってしまいますよね。

安岡部長
そうやな。この例でいえば、営業の最大の工場側への武器を使うタイミングを間違えるんやわ。

安岡部長
そうなるとな、本当に必要な場合があって、例えば、顧客の生産量2倍になり、売上が上がる時に、納期が間に合わない場合に武器を使えないんやわ。

山田係長
よくわかりました。今の仕事を確実にこなして、顧客に日頃から対応を行っていれば、OKですね。

安岡部長
そうなんやわ。この対応を行えば、営業成績は上がるで。

新人 仁さん
僕も頑張ります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事が気に入ったらシェアをお願いします

フォローをお願いします