スポンサーリンク




ダイバーシティ!会社・職場で必要な「多様な人材の活用マネージメント」

記事が気に入ったらシェアをお願いします

ダイバーシティ

ダイバーシティは、一言で、

「多様な人材を受け入れ、生産性を高めるマネージメント」

という意味です。

つまり、誰もが楽しく働くための、今後必要となる会社のマネージメント手法です。

この手法が、今後、大きく さけばれる理由は:

日本は多様な人材に効率よく働いて頂かないと、「働き手がいなくなる危機」に将来なる事がわかっています。

多くのマスコミが報じているように、働き手が、今後大幅に減る予想があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




ダイバーシティの必要性

総務省は、生産年齢人口(15-64歳)は2013年に実績で8,000万人を切り、2060年には4,400万人まで減少すると予測しています。

更に、60歳以上の人口が2060年には約40%まで増加すると予測をしています。

出典:総務省  ICTの進化によるライフスタイル・ワークスタイルの変化

この状況のため、日本の会社は、働き方改革を真剣に行わなければなりません。

この改革のため「ダイバーシティ」という言葉が必要になってきました。

ダイバーシティとは

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価値観などの多様性を受け入れ、広く人材を活用することで生産性を高めようとするマネジメントについていう。 企業がダイバーシティを重視する背景には、有能な人材の発掘、斬新なアイデアの喚起、社会の多様なニーズへの対応といったねらいがある。

引用:コトバンク ダイバーシティ

1990年代にアメリカで推進され、世界に広がっています。

人材の多様性を最大限に活かすマネージメントを表す言葉です

英語で 「Diversity」 です

尚、お台場の複合商業施設ダイバーシティ東京(DiverCity)とは異なります。

ダイバーシティの対象の人材とは?

人材の活用といえば、女性活躍をイメージしますが、ダイバーシティの対象は女性だけではありません。

【対象者の例】

・女性

女性の働き方改革

・高齢者(シニア)

働く高齢者

・外国人

外国人

・障害を持つ人

障がい者

・LGBT(性的少数者ーゲイ、レズビアン、バイセクシャル等)

LGPT

・介護が必要な親がいる人

親の介護

日本では、未だ多様な人材を上手く活用出来ていません。

対象者の例を示しましたが、基本的には全ての人が対象になります。

それは、後述の「キャリア育成の支援」で述べますが、例えば、「親の介護」により、仕事が出来なくなる可能性は多くの人にあります。

この様な人材を上手く活用するマネージメントが「ダイバーシティ」です。

ダイバーシティを会社で進めるために必要な事

ダイバーシティを進めるには、大きくは次の二つの課題があります。

この大きな課題を解決する事がこれからの会社に求められます。

これは、大企業だけではなく、少人数で行っている自営業も必要になります。

何故なら、飲食店やコンビニ等では、既に外国人がいないと、業務が成り立たない状況になっています。

意識の改革(特に管理職)

特に部下を持つ上司の方の意識改革が必要です。

今でも、「思い込み」によって、職場を奪っている上司もいます。

例えば:

・女性だから、重たい荷物は持つことが出来ないので、働き場所が無い

・高齢者は、パソコンが出来ないので事務は出来ない

・外国人は日本が話せないので、営業活動は出来ない

・障害者は、製造工程に入れる事が出来ない

等です。

これは、「思い込み」で人により適正が違います。

「思い込みではなく」適性のある職場を提供する事が必要です。

そのために、部下を持つ上司は、特に、意識の改革が必要です。

未だに昭和時代の

「言えばわかる」

「業務が終わるまで、いつまでも仕事をする」

「子供がいるから仕事が出来ない」

「休日出勤は普通だ」

と言っている、バカな上司は存在しています。

パワハラ上司

キャリア育成の支援

入社した社員・入社する前の社員に対して、会社はあらかじめ「キャリア育成」のプランを持たなくては、多様な人材を活用出来ません。

人の人生には様々な、ライフイベントがあります。

ライフイベントを考えて「キャリアの育成」を行う環境作りが「働きやすい職場」を作ります。

この「働きやすい職場」=「多様な人材の活用が出来る」です

【代表的なライフイベント】

新入社員

卒業

就職

結婚

結婚

出産

育児

中堅社員

教育

住宅の確保

介護

高齢者の社員

年金生活等

* 未婚でも、女性でなくても、上記に該当するライフイベントはあります。

このライフイベントをスケジュール化し、その人にあった「キャリア育成」を会社で事前に様々な種類のケースに合わせ作成します。

この「キャリア育成のプラン」がある事により、次の様なキャリア教育を実践出来ます。

会社が「将来グローバル化したい」と思えば:

入社した若者を男女関係なく、1年目2年目から海外赴任をさせ、経験を積んでもらいます。

海外赴任

そして、仮に20代後半に出産や育児があり長期に休んだ場合でも、数年後に復帰できる環境を整えていれば、初期キャリアの海外赴任の経験が活かせます。

また、ダイバーシティを実践するためには、「ワークライフバランス」の理解が必要です。

ワーク・ライフ・バランス(英: work–life balance)とは、「仕事と生活の調和」と訳され、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」ことを指す

引用:WIKIPEDIA     ワークライフバランス

未だ、「ダイバーシティ」の言葉は「コンプライアンス」の様に、一般に認知されていませんが、今後は多くの企業が導入を行い、試行錯誤を行って改善されていきます。

楽しい職場で働けば、生産性も自然とアップしていきます。

また、職場では「ダイバーシティを実現すると共に、コンプライアンスを守りましょう」

コンプライアンスを守る

まとめ

ダイバーシティの必要性:日本は将来働き手がいなくなる
ダイバーシティとは:多様な人材活用のマネージメント
ダイバーシティの対象の人材とは?:全での人が当てはまります
ダイバーシティを会社で進めるために必要な事:管理職の意識改革、キャリア育成の環境つくり
 
 
 
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




記事が気に入ったらシェアをお願いします

フォローをお願いします