営業マン向け 顧客の前で自信が持てるボールペン

高級感があり、安価なボールペンを求め続けた結果、ついに見つけました。

絶品 Filare フィラーレ だ !

営業車にドライブレコーダーがついた時の対処方法

ドライブレコーダー

 

 

ドライブレコーダーの基本的な記録内容と警告の基準を知る事で、スムーズな営業車の運転が出来ます。

 

営業車を運手する人が、まず初めに考え注意する事は

 

「ドライブレコーダーは勝手に切ってはいけません。」

 

会社から上司や総務から警告が来ます。

 

注意のマーク

 

ドライブレコーダーの警告の基準は後半部分で説明します

 

これまでの快適な営業車での会社生活が、ドライブレコーダーの導入で大きく変わり、会社から監視されると心配していると思いますが、実際には気にする必要はありません。

 

正しい対処方法を理解し、ドライブレコーダーを上手く使って、自身の安全を確保します。

 

スポンサーリンク

ドライブレコーダーとは

ドライブレコーダーとは元々、イベントデータレコーダーといいます。

イベントデータレコーダー(英語: Event Data Recorder, EDR)とは、車載型の事故記録装置の一種。エアバッグ等が作動するような交通事故において、事故前後の車両の情報を記録するために、自動車内に設置される装置である。
なお、映像記録なども行う装置(英語ではダッシュカム(英: Dashcam)、日本ではドライブレコーダー(Drive Recorder)と呼ばれる)は、これに近い性格を持っている。

引用:WIKIPEDIA  イベントデータレコーダー(ドライブレコーダー)

 

最近は営業車にドライブレコーダーを搭載するの事は一般的になってきました。

 

ドライブレコーダーは安全運転には欠かせません。本当に事故が減ります。

公益社団法人全日本トラック協会のデータでは事故の削減率が56.8%減というデータ
もあります。

やはり、安全の為には導入はかかせません。

 

ドライブレコーダーのイラスト

 

 

 

実際の営業では時間に間に合わない場合など、スピードを出しすぎる事があります。

 

ドライブレコーダーを設置すると、会社から警告が来ますので、スピードは出せなくなります。

そのため、到着時間に間に合わよう、出発時間は以前より早く出発するようになりますので、

ドライブレコーダー搭載前より安全率が高まります。

 

ドライブレコーダーの基本的な記録内容とは

 

1、出発時間と到着時間

 

・エンジンをスタートさせて時から、ストップする迄の時間を記録しています。

・1日に3回スタート・ストップを繰り返えしても全て記録されます。

・しかも、秒単位で記録されます。

 

2、出発地と到着地

 

・時間と同様にエンジンスタートとストップの場所が記録されます。

・場所は、○○市○○町○○番地まで記録されます。

・つまり、時間と場所が同時に記録され、ドライブルートが地図上で何時にどの場所にいたかを知ることができます。

 

3、録画される内容

 

・例えば、事故が起きた時は、前後の数十秒~分まで録画されます。

・ドライブレコーダーの取扱う会社によって、スタートとストップの記録時間は異なります。

・録画視野も広く、事故の場合は事故内容を見る事ができます。

 

 

以上が基本的な記録内容です。

 

4、あまり使われない機能

 

・実際には使わない会社が多いですが、車内の音声も録音できる機能があります。

 

これは、プライベートの会話等が録音される可能性があるため一般的には使用しません。

 

 

ドライブレコーダーの警告の基準とは

営業車を運転する人がドライブレコーダーを気するのは、事故を起こさなくても、警告音が流れ、その後、会社で注意される事です。

 

 

この会社からの警告を避ける事が営業車を運転する人には重要です。

 

実際には、ドライブレコーダーは会社や部署において、警告の基準の設定値が異なりますので、下記の項目を調査しましょう。

 

基本的な警告

 

警告音例

・高速道路で120km以上を30秒走れば警告がなる(設定により、時速と秒数は変わります)

・コンビニ等でエンジンをかけたまま40分以上止めて仕事をしていても警告になる(設定により、時間が変ります)

 

あまり気づかない警告

 

・ドライブレコーダーの警告を避けるために、エンジンを切ったり、ドライブレコーダーの電源プラグを外している人がいます。

意外と気がつかない機能があり、30分以上ドライブレコーダーのデータが来なければ警告になるという設定も出来ます。

 

・最もドライブレコーダーが警告音を発するのは、高速道路から出口を出てETCを通るまでの間です。

 

 

実はここに2つのポイントがあります。

 

高速道路

 

・1つ目は高速道路の主線から降りると、制限速度が一般道路の速度にかわり、高速道路と同じスピードで運転している場合は警告音がなります。

 

・2つ目は、この区間はカーブが多いの、ハンドルを大きく切る危険の警告音がなります。

 

是非、営業車に搭載のレコーダーを注意してみてください。

 

 

営業は警告を貰うと上司や総務から叱られるので、このドライブレコーダーの警告の仕組みと各項目の閾値(しきいち:この場合は警告になる最小の値)は調べて運転しましょう。

 

 

この仕組みさえわかれば、ドライブレコーダーは怖くありませんし、規則を守ることにより、自身の安全も確保されます。

 

 

【*個人向けドラレコ説明用:個人でもドライブレコーダーは必要になってきましたね。】

個人でドライブレコーダーを取り付け、あなたと家族の安全を守ります
ドライブレコーダーを装着する事は、あなた自身と家族の安全を守ります。  既に、タクシーや、一般企業の営業車ではドライブレコーダーは普及し使用されています。 今後は、個人の自家用車にも、ドライブレコーダーを付ける事は、カーナビを付ける感覚と同じになります。この機器のメリットとデメリットは?

 

まとめ

ドライブレコーダーとは:事故の削減率が50%以上ある安全に欠かせないものです
ドライブレコーダーの基本的な記録内容とは:秒単位で、動画と音声、ルート地図まで記録が可能です
ドライブレコーダーの警告の基準とは:警告の閾値(最小の値)を知り、警告を受けないドライブが出来ます。

 

 

ドライブレコーダーは管理されているようで、気分はよくないと思いますが、自分の安全のためと、仲良く付き合いましょう。

 

 

スポンサーリンク
営業マン向け自信が持てる価値あるボールペン
高級感があり、安価なボールペンを探し続けた結果、ついに発見。ゼブラ製フィラーレ!
営業
スポンサーリンク
サラリーマン営業のスペシャリスト  725mk