展示会で疲れない靴

・1日広い展示会場を歩いても、ブースに立っていても足が疲れない
・展示会は年に数回なので、家計に優しい靴  = 家族に購入の了承を得られる
・展示会は人に見られるので、見た目もかっこいい  = 恥ずかしくない
・せっかく購入するのなら、展示会以外でも使える
・展示会意外にも使えるメリットも?

詳細の説明記事はこちらです

上層部からの戦略戦術と現場のギャップを埋める方法

gap マーケティング

営業に限らず、上層部の会議や指示と現場のギャップを感じる事はあります。

このギャップを埋めるのが中間管理職であります。

その為、よく中間管理職は大変と言いますが、実際はどの立場でもギャップの問題は大変です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ギャップが起きる原因

 

この結論は「戦略を上層部が立て、各層に移行している時に正確に伝わらない事と、卓上の資料から得られたものは、運用が難しい・できないという現象がGAPを作っているということです。」

株式会社であれば、株主に企業の今後の成長を表現する必要があります。

その為、実際の課題定義と課題をクリアする事により成長が出来る将来像を示します。将来像が出来れば、クリアするための、ミッション、戦略、戦術、運用方法を決定し、行動に移します。

この時に、この決まった内容を、各段階に説明する時に、説明者によって理解と表現方法が異なり、実際の運用方法が異なってきます。これがギャップです。

また、戦術戦術を決める時のマーケティングの結果により、戦略戦術が大きく変わり、卓上の理論が形成されます。

それが実際の現場で出来る可能なことてあればいいのですが、得てして現場では人数や仕事時間等により不可能な事もあります。

その為、現場にて反発が起き、運用が上手くいきません。これもギャップの原因になります。

この対策ですが、ギャップは必ずあります。

昔であれば親分肌の人が中心になって、そのギャップを埋めました。

今では、ギャップを全員に認識させる事が始まりになります。認識をしないと、ギャップさえもわかりません。認識する為には話し合いが必要です。メールでは全ての人がわかりません。

しかし、話し合いをしても、認識、理解しない人がいます。

また、上司を嫌いな人であれば絶対認めません。この場合は、まずわかる人に伝えて、そのわかる人から話を聞かない人に、伝える方が上手くいきます。

人は信用していない人からの情報は聞く耳をもたないか、理解をしない脳の構造になっております。

次には、現場での運用方法です。

具体的に運用する手段を伝え、繰り返しチェックし、改善を施し、運用方法を変えていきます。

また、その現場にあった手段を使う事が近道です。その為、運用方法を現場の人が決めるのが一番です。自分で決めた事は結構、実施します。

更に、自分で決める事により、モチベーションも高まります。

つまり、ギャップを埋めると言うより、新たな戦略戦術に基づいた運用方法を革新し、現場で可能にすることが、実際の効果が得られる大事な事であると存じます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
展示会で疲れない靴

・1日広い展示会場を歩いても、ブースに立っていても
 足が疲れない
・展示会は年に数回しかないので、家計に優しい靴 
 = 家族に購入の了承を得る事ができる
・展示会は人に見られるので、見た目もかっこいい 
  = 恥ずかしくない
・せっかく購入するのなら、展示会以外でも使える
・展示会意外にも使えるメリットも?

マーケティング
スポンサーリンク
725mkをフォローする
サラリーマン営業のスペシャリスト  725mk