スポンサーリンク




百聞は一見に如かず!ネットの出現で、現場現物が変る?

記事が気に入ったらシェアをお願いします

百聞は一見に如かず:
現代社会では「見る」の定義が変った?

人から聞く  自分で見る

ことを表している中国の故事です。

現代社会でも使えるのでしょうか?

・身近な社会では、実際に見る事ができるため使えます

・グローバルでは、自分で見る事は不可能なので使えない?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

百聞は一見にしかずとは

【読み】
ひゃくぶんはいっけんにしかず
【意味】
百聞は一見にしかずとは、百回聞くよりも、たった一度でも自分の目で見たほうが確かだということ。

引用:故事ことわざ辞典  百聞は一見に如かず

聞く事は、相手より「情報を得る」という事です。

見る事は、自分で「確認」をするという事です。

百回情報を得ても、1回見る事による確認は、判断を下すのに
優れているという意味にもなります。

身近な社会では見る事ができます

身近な社会では、実際に見る事により、確認が出来ます。

 

身近な社会の定義とは?

身近な社会は次の様な自分の生活圏内です

・自分が暮らししている生活圏内
   日ごろ生活している場所、集団、組織、人

・会社勤めしている場合は、会社内外での出来事

・家族や親類縁者内の事

身近な社会では「百聞は一見に如(し)かず」は有効?

例えば、自分が時計を欲しいと思った時に

友達から

・「近くの公園で、今週末にフリーマーケットが開かれるよ」

・「このフリーマーケットは時計が有名で、高級時計が80%オフの価格で買えるよ」

・「私も半年前のフリーマーケットで時計買ったよ」

じゃあ、私も良いフリーマーケットで高級時計を買いたいなあと思います。

友達に再確認してみると

・「カルチェの時計が欲しいんだけど、カルチェも安く買えるの?」

・「私も、80%オフで買ったよ」

実際にフリーマーケットに期待して行ってみると

・傷物の時計が多い

・売っている人が汚く、怪しい

・偽物かもしれないと思う

・包装がなく、カルチェを買う喜びがない

・そもそも、無造作に置かれている高級時計は高級なのだろうか

等と思い、結局、買わずに帰っていきました。

「やっぱり百聞は一見に如かずだなあ」と思うでしょう。

このケースでは、失敗はありません。

自分で実際に見て購入しないと判断出来るからです。

身近な社会では「百聞は一見に如かず」は有効です。

グローバルな現代社会では全てを見るのは不可能?

今では、海外旅行は珍しくない時代です。

身近な社会の定義が人によっては、世界が身近になってきています。

それでも、グローバルに直ぐに行けたり、実際に見る事は難しいため、
いろんな人やネットからの情報を得て、判断したり考える事も多いと思います。

グローバルでは見る事が不可能? ではない。

ネットやYou-Tube等もあり、世界中の写真やビデオが手軽に見えます。

GOOGL EARTHがあれば、世界の街や世界遺産まで見る事ができます。

これは、「見ている」ようですが、実際には見ていません。

百聞は一見に如かずを生活に上手く使うには

聞く事は、相手より「情報を得る」という事です。

見る事は、自分で「確認」をするという事です。

この確認で「判断」をするという事です。

ネットやYou-Tube等は「情報得る」という行為です。

「確認」を行ってはいません。

確かに、複数の信頼できるサイト等から、確認らしき事は出来ます。

このサイト等で確認を行い、判断するのに、実際に見ていない物で判断出来るでしょうか?

思ってましたが、実際はAMAZON等が出現し、一番難しい「買う」という
判断が出来るようになってしまいました。

特に評価等の項目をサイトに入れ、「確認」という作業をより簡単に行え、
「判断」を促すようになりました。

つまり、「百聞は一見に如かず」の弱点である、「見る事=確認する事」が
グローバルでも、手軽に行えるようになりました。

ネットでは「情報を得る」⇒ 「確認をする」⇒ 「判断をする」
事が可能な世界になりました。

また、今では一見だけでなく百聞も、簡単に聞くことが出来ます。

百聞=百人(百回)に聞くこと

わからない事があれば、ネットで調べる事ができます。

わからない事があれば、YAHOO知恵袋で聞くことが出来ます。

また、スカイプで手軽に遠い友人とも話す事が出来ます。

「情報を得る」事が簡単になりました。

本当に便利な世の中になりましたが、
身近な社会でもネットがあるので実際に見なくてもいいのでは?
という疑問になります。

*身近な事は見た方がいい理由

身近な社会では、ネットが信頼出来にくい場合があるため、実際に見た方が良いです。

身近な社会のネットの情報を、ネットの発信者が少なく、ある偏りの情報になる
可能性があるからです。

グローバルでは、数多くの発信者と、数多くのチェック者がいますので、
確かな情報でなければ、直ぐに間違いが広がってしまいます。

身近な社会では、チェック者も少なく、間違っていても、広がるまで時間がかかります。

近所の噂話の方が、スピードは早いかもしれません。
⇒ 正しいかどうかは別ですが。

身近な社会では、実際に見て確認を行う事は大切ですね。

ネットがあっても実際に見る事は楽しいです

「情報得て、確認を行い、判断する」事が、何時でも、どこでも可能になりました。

それでも、実際に「見る」事により、大きな感動が得られ、自分の心に響くこともあります。

例えば、オーストラリアのエアーズロックを実際に見た時は荘厳さに感動しましたし、
頂上に登り、周りの地平線を見た時は大きな満足感を得られました。

単純に「見る」という行為が、自分に感動をもたらし、
モチベーションを高める事も可能になります。

まとめ

1、百聞は一見に如かずは現代社会に使えるか
2、百聞は一見に如かずとは=情報を得る、確認をする、判断をする
3、身近な社会では、実際に見る事=確認が大切
4、グローバルな社会では、見る方法が異なるが、見える事は可能になった
5、ネットもいいが、実際に見る事は感動を得られる

仕事に活かす!ことわざ・慣用句・名言の事例集からチャンスを掴む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事が気に入ったらシェアをお願いします

フォローをお願いします