営業マン向け 顧客の前で自信が持てるボールペン

高級感があり、安価なボールペンを求め続けた結果、ついに見つけました。

絶品 Filare フィラーレ だ !

職場で孤立しない方法!ハロー効果を使ったイメージアップ法

あなたが職場で孤立しない方法

 

職場で孤立する事は、ほとんどの人には辛い事です。

この状況から脱出する方法を伝授致します。

 

 

題して「良いハロー効果」を利用し、拡散する方法です

 

方法を読む前に、まず、思ってください

* スピリチュアルな話しではございません。

  ハロー効果を使うための心理テクニックです。

 

・あなたは素晴らしい人です

・あなたが悪いわけじゃない。

・相性が悪いだけ

・あなたは素晴らしい人です

・少し、人とのつながりをしていないだけ

・見ている人は見ています

・あなたは素晴らしい人です

 

 

スポンサーリンク

ハロー効果とは

 

 

 

ハロー効果(ハローこうか、英:halo effect)とは社会心理学の現象で、ある対象を評価をする時に、それが持つ顕著な特徴に引きずられて、他の特徴についての評価が歪められる(バイアス)現象のこと。後光効果、ハローエラーともいう。例えば、ある分野の専門家が専門外のことについても権威があると感じてしまうことや、外見のいい人が信頼できると感じてしまうことが挙げられる。ハロー効果は、良い印象から肯定的な方向にも、悪い印象から否定的な方向にも働く。 引用:WIKIPEDIA  ハロー効果

 

 あなたのイメージ像は会社において、自分の居場所を決める重要な要素の一つです。


このイメージというのは、人事的に言うと「ハロー効果」という区分に属します。

 

人事ではこのハロー効果にまどわされないように人を評価するよう指導されますが、

残念ながら、この「ハロー効果」は評価に大きく影響します。

 

具体的には


・「あの人は明るく誰からも好かれる」

 

・「あの人は暗くて陰気でいつも批判的なことを言う」

 


この二人がいれば、能力に関係なく、評価が前者に集まるということです。


そのため、前者と後者が同じミスをしても、

 

・前者は「よくそのミスを言ってくれた」

 

・後者は「何でできないんだ」

 

と言われます。


こういう経験をした人は多いのではないでしょうか。

前者が良いハロー効果、後者が悪いハロー効果にあたります。

 

 

職場で孤立する原因

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”] 安岡部長おお、友人が職場で孤立して困っているんです。何とかなりませんか?[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yasuoka.jpg” name=”安岡部長”] 簡単じゃん。職場でコミュニケーションを上手く行えばいいんでしょう。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”] それは、当たり前ですけど、人によっては難しいんですよ。安岡部長みたいに、適当でコミュニケーションが上手い人には、この悩みはわかりませんよ。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yasuoka.jpg” name=”安岡部長”] じゃあ、解決策の前に、原因は何だろうね。[/speech_bubble]

 

 

代表的な孤立の原因:

 

・周りの人とコミュニケーションが上手くとれない

・職場の仲間から相手にされていない

・上司から嫌われている感じがする

・あなたの得意な事を周りにアピール出来ていない

・飲み会が嫌いで、参加せず、職場で浮いている感じがする

・あなたが優秀すぎて、周りから嫉妬されている

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yasuoka.jpg” name=”安岡部長”]解決策はね、上の原因の赤文字の「得意な事をアピール出来ていない」事を、アピールする事によって、良いハロー効果を職場に与えるんだよ。[/speech_bubble]

 

孤立からの脱出

 

ハロー効果を使ってみる

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yasuoka.jpg” name=”安岡部長”] 良いハロー効果の使い方です[/speech_bubble]

 

例えば、あなたがパソコンのトラブルに対応出来る事が得意とします

 

職場のAさんが「パソコンが動かいないよ、何とかしてえ」

と言ったとします。

 

 

 

 

これまでのあなた:悪いハロー効果の状態

 

・Aさんの言葉を無視する

・Aさんに「治してあげましょうか」とAさんから見れば上から目線の言葉を言う

・あなたがパソコンを得意な事を知っているBさんからあなたに「治してあげれば?」
 と言われても「無理だよ」と答えてしまう

 

 

これからのあなた:良いハロー効果を実践する

 

・Aさんに「もし、良かったら、私にパソコンを見せて頂けませんか?」

・Aさんに「お願いします。一度パソコンを見せてください。何とかしてみます。」

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”] この言い方で変わるんですか?[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yasuoka.jpg” name=”安岡部長”] 謙遜して、へりくだって言えば、嫌な人間はいないよ。だから、パソコンを貸してくれるよ。ここで大事な事は、言うことじゃなく「パソコンを治す事だよ」[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”] ???? コミュニケーションの話ではない? という事ですか。[/speech_bubble]

 

パソコンをAさんから貸して頂き、治したとします。

 

その結果:

あなたは周りから、パソコンが壊れれば、あなたに頼めば良いと思います。

 

得意分野が職場で認められれば、徐々に孤立しなくなります。

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”] いきなり、どういう意味ですか?[/speech_bubble]

 

学生の時に、勉強の出来る人・スポーツの得意な人は孤立していたでしょうか?

* 勉強が出来る人は寡黙な人がいたかもしれませんが、話さないと孤立は異なります。

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”] つまり、人より得意な事があれば、話題が出来て、少し尊敬されて孤立しないという事ですね。[/speech_bubble]

 

 

良いハロー効果とは

 

あなたの得意な事を周りに認められるようする事

= 周りから気にかけられる。頼りにされる。

 

 

結果、孤立しなくなります。

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”] 得意な事がない人はどうするんでしょうか。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yasuoka.jpg” name=”安岡部長”] 得意な事がない人はいないよ。だって職場はせいぜい5人~20人くらいじゃない。[/speech_bubble]

 

得意な事(職場の中で)

・エクセルが得意

・パワーポイントの色使いが上手い

・計算が速い

・本をたくさん読んでいる

・ゲームが誰よりうまい

・卓球がうまい

・歌が実は上手い

 

どんな分野でもかまいません。得意な事をアピールしましょう。

 

良いハロー効果を拡散する

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yasuoka.jpg” name=”安岡部長”] 次にね。得意な事を気づいてもらう。拡散するのが必要なのよ。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”] そうですよね。仮にスキーが得意の場合も冬まで誰もわかりませんもんね。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”]早く気づいてもらって、拡散する方法は、どのような方法でしょうか。[/speech_bubble]

 

 

 

 

職場の噂好きな3人を利用する

 

あなたの得意な事を噂好きの3人にささやいてみる。

 

すると

2日以内にその情報は職場で広がります。

 

その3人は周りから「噂好きのハロー効果」になっています

*これは良いハロー効果とも悪いハロー効果ともいえませんが・・・

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”] 気づいてもらえるとは思いますが、今一つ効果がないような気がしますが・・・[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yasuoka.jpg” name=”安岡部長”] 普通はそうだよ。このポイントは「噂好き」という事だよ。[/speech_bubble]

 

噂好きの人の話は

周りは、「話し半分、八掛けで聞きいてます。」

* 「話し半分、八掛け」とは 50%X8割=40%程度しか真実がないという意味です

 

つまり、絶対、噂好きの人の話は周りは信用していません。

 

すると

 

人は不思議なもので、その話を確かめようとするのです。

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”] そうか、自然と人は調べようとするのですね。だから気づいてもらえるし、拡散するんですね。[/speech_bubble]

 

 

まとめ

1、ハロー効果とは
2、職場で孤立する原因
3、良いハロー効果をつくるー得意な事を披露し、プチ尊敬を得る
4、噂好きの人に得意な事を気づかせ、拡散してもらう

 

スポンサーリンク
営業マン向け自信が持てる価値あるボールペン
高級感があり、安価なボールペンを探し続けた結果、ついに発見。ゼブラ製フィラーレ!
ストレス解消・うつ予防
スポンサーリンク
サラリーマン営業のスペシャリスト  725mk