展示会で疲れない靴

・1日広い展示会場を歩いても、ブースに立っていても足が疲れない
・展示会は年に数回なので、家計に優しい靴  = 家族に購入の了承を得られる
・展示会は人に見られるので、見た目もかっこいい  = 恥ずかしくない
・せっかく購入するのなら、展示会以外でも使える
・展示会意外にも使えるメリットも?

詳細の説明記事はこちらです

転職活動の面接で、自分の得意分野に話を切り替える技

転職 転職・就活

 

転職活動で一番の肝は面接です。

面接を上手く乗り切る方法を紹介します

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職活動での面接を上手く行う方法

 

誰しも転職をしてみたいと思った事はあるのではないでしょうか。

私自身も一度転職をしています。

 

辞める前に思う事

 

転職は会社を辞めるのが大事ではなく、次の会社で活躍を描いて、転職する事が一番重要です。

この事は、どの転職サイトにも書いてあると存じます。

 

何故、このあたりまえの事をあえて書くかと言いますと、転職を希望するのは、少なからず、今の会社に「不満がある事」が常であるからです。

そのため、次の会社で活躍するイメージを持つのが難しいのです。

だって転職の原因が不満だから!

 

次の会社で活躍するイメージを持つ事は、面接に受かるだけでなく、将来の活躍の場を実際に持てる事につながります。

イメージは持てない、それより、早く辞めたいと思う事もあるでしょう?

その場合のヒントは辞めたいと深く思ってから、3ヶ月は時間を置きましょう。

 

時間を置けば、少し冷静になり、今の会社の不満を客観的に考える事ができ、次の会社での良いイメージが持てます。

面接で一番重要な事

 

面接の受け方ですが、質問項目は転職サイトに書いてある通り、一般的な質問が多いです。

・会社をやめる理由
・その会社で活躍できるスキルや行動について
・これまでの具体的に活躍した内容や活動

 

一番大事なのは、面談者とコミュニケーションが取れるかどうかです。

面談者は通常、コミュニケーション能力の確認と、一緒にやっていけるか?一緒に働いて楽しいだろうか? を必ず見ます。

 

それは、いくらスキルもあり実績もある優秀な人であっても、転職先の会社の文化と合っていないがいるからです。

 

コミュニケーションを上手く取るためには、通常の営業機会と同じ様に、顧客への会話をしていると考え、コミュニケーションを取れば上手くいきます。

 

その中で自分の行なってきた具体例をしめし、自分の得意分野に持ち込む事で、コミュニケーションが更に進むでしょう。

 

 

山田係長
山田係長

これは簡単なようで、難しいですよ。

安岡部長
安岡部長

例えばね、「これまでの実績は」と質問をされた場合に、「はい、これまで電子部品の営業を車載分野向けに行って参りました。
もともと車が好きでしたので、すぐ溶け込めました。」と言うとね。「どんな車が好きなの?」とか言われて、自分の得意分野に入るんだよ。

 

山田係長
山田係長

つまり、自分のプライベートで得意な事を言葉の後に入れるんですね。

商品を売るのも自分を売るのも、コミュニケーションは同じです。

(違うと思う人は、同じとまず思ってください。)

 

転職の準備期間と絶対注意する事

 

また、3ヶ月間待つ間に転職サイトに複数応募をし、準備をしましょう。

直ぐには面接日時も決まらないものです。

 

それは、会社によって人を雇う季節感が異なるためです。

 

勿論、人を急遽、補充しなくてはいけない場合もありますが、このケースは雇う側に計画性がないので、失敗するケースが多いですね。

ここで、注意は転職サイトに登録する時に、今の会社に見られないように、閲覧できない機能を転職サイトで必ず、チェックして下さい。

 

 

キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

 

転職か、今の会社に残るかは、転職準備を行いながら、3ケ月間は考え判断しましょう。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
展示会で疲れない靴

・1日広い展示会場を歩いても、ブースに立っていても
 足が疲れない
・展示会は年に数回しかないので、家計に優しい靴 
 = 家族に購入の了承を得る事ができる
・展示会は人に見られるので、見た目もかっこいい 
  = 恥ずかしくない
・せっかく購入するのなら、展示会以外でも使える
・展示会意外にも使えるメリットも?

転職・就活
スポンサーリンク
725mkをフォローする
サラリーマン営業のスペシャリスト  725mk