スポンサーリンク




接待・飲み会で嫌なカラオケを上手に断る方法

記事が気に入ったらシェアをお願いします

カラオケ

接待や職場の懇親会でカラオケを歌いたくない気持ちの時があります。

音痴な人や、恥ずかしがり屋の人なら、なおさら、歌いたくありません。

私はカラオケは好きですが、会社の人前で歌うのが大嫌いです。

しかし、毎回歌いたくないのに、仕事では接待や社内の懇親会で歌わされてきました。

そのため、毎回カラオケを断る方法を考えるようになりました。

本内容は、カラオケを人前で歌いたくない人向けです。

カラオケを人前で歌いたい人の考えとは、大きく異なる事をご了承ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

何故、嫌なカラオケに行かされるのか?

まず、何故、嫌なのにカラオケに行かなくてはいけない理由を理解します。

会社や職場での懇親会の場合

会社では、懇親会の二次会で、カラオケに行く事が多くあります。

それは、二次会の店を決めるのが面倒である事や、一軒目が居酒屋で、二軒目も居酒屋では味気ないです。

そのため、老若男女の誰もが共有できるであろう、カラオケが無難な選択になります。

更に、カラオケ好きな上司や同僚が必ずおり、そういう人ほど、声を高らかに二次会のカラオケに向かっていきます。

カラオケ好きな人は自分がたくさん歌いたいのですが、

自分だけが歌うのは、周りを気にしていない人」と思われるが嫌で、全員にとりあえず歌ってもらうように、必ず誘います。

つまり、カラオケ好きな人は、よりたくさん歌って気持ち良くなるために、全員に歌を強要します。

全員が1度歌ってしまえば、カラオケ好きな人は気にせずドンドン歌います。

また、何故か、カラオケ好きな人は「カラオケが嫌いな人が歌わないと言っても」、「本当は歌いたいのに遠慮しているな」と勝手に思い込むくせがあります。

カラオケ好きが一人もいなく、自然とカラオケに行くケースの場合は、歌わなくても誰も言いません。

接待の場合

顧客がカラオケ好きな場合は、カラオケは必須となります。

また、二次会では、スナック・キャバ等で話を行うか、カラオケになりがちです。

*都会であれば、他にも選択肢はありますが、中都市や田舎であれば、この二択です。

特に、これまで面識の少ない方や、初めての接待の場合には、一次会で盛り上がらなかった時に、カラオケに連れていく事は大きな武器になります。

もし、顧客がカラオケが好きではなければラッキーですので、そのままお喋りで頑張ります。

カラオケを断る方法

自分がカラオケを歌いたくなくても、「周りの人に嫌な気持ちにさせない主要な断り方は」

次の3つになります。

また、どうしても断れない場合は、少し歌う手法に切り替えます。

マイク

究極の断り方

酔ったふりをして、寝ます」。

寝ます

これで、歌わなくても、良くなります。

デメリットは、お酒に弱いと言われるくらいです。

一次会から前兆を見せておきます。

*ここでの注意ポイント

・最初の30分は寝ません。

参加している印象を与えないといけません。

もし、この30分の間に、順番が回ってきそうになったら、すぐトイレに行くのがコツです。

接待では、これは出来ないと思われるかもしれませんが、一次会で場を盛り上げていれば、顧客は勝手に「疲れたんだなあ、張り切ったからね」と思います。

*どうしても納得のいかない顧客は次の方法を使います。

遠慮した断り方

カラオケボックスの場合

*この方法が使えるのは、6人以上が参加した場合です。

カラオケボックスの部屋の入口の一番近い席に座り、注文をひたすら取ります。

通常は、入口近くに注文する電話がありますので、全員から注文を聞いて注文します。

端末で注文する場合は、端末機をあらかじめ確保しておきます。

次に、実行するのは、40分毎にトイレに行きます。

1曲=5分とします。

40分で8曲歌えます。

6人以上では残りの5人で1.6曲歌えます。

最初は断っていても、5人が二回りすると、強烈に歌えと言われるようになります。

そこで、トイレ休憩で、その二回りを忘れさせます。

これをひたすら繰り返します。

少なくとも、歌ってはいませんが、注文は取った感謝はされます。

カラオケボックス以外の店の場合

スナック系であれば、一番入口に近い席に座り、スタッフに「カラオケ駄目なんです」と前もって言っておきます。

入口に近い席は場所が悪くて、目立ちません。

そして、カウンターがあれば、席とカウターを往復し注文を取ります。

スタッフがいる場合は、スタッフの代わりの仕事をする事により、スタッフは歓談に集中出来ますので、接待では顧客は喜びます。

*但し、ここで注意する事は、注文を取ることがスタッフの仕事でもありますので、先にスタッフに「カラオケ歌いたくないので、お願い」と言っておきます。

騒いで、歌うのを忘れさせる断り方

誰かが歌っている時に、タンバリンやマラカスを使用し、盛り上げ役に徹します。

タンバリン

毎回、相槌は忘れません。

踊れる人は踊れば最高です。

この方法は、周りから歌ったのではないかと錯覚を起こさせる利点があり、更に場を盛り上げる指名も果たします。

私の20数年の経験では、上記3つの試みは5回に4回は成功しますが、1回はどうしても歌わされます。

やってはいけない断り方

絶対やってはいけない断り方があります。

それは、風邪で喉が痛いとか、調子が悪いと言って断り方です。

そう言われても周りは気分はよくなりません。

本当に重い風邪の場合は、この場にいないからです。

周りからは、「イヤイヤ参加しているんだよね。」と、ネガティブな印象を持たれます。

折角の時間を割いて付き合っているのに、それが逆効果になります。

本当に風邪の場合だったとしても、次回は歌わなくてはいけなくなり、更なるプレッシャーが次回来ます。

どうしても歌わされる場合に、少しだけ歌って断る方法

それでも歌を歌う事を断れない場合があります。

その場合は

カラオケに参加している全員が歌える歌がを歌い、ワンフレーズだけ歌うです。

このメリットは歌ったという事実は残るのて、後で言われても、歌ったと言えます。

この歌の選曲は

・会社や職場でよくみんなが歌っている曲

・老若男女が歌える、ズバリ、谷村新司と加山雄三の「サライ」

24時間テレビのメインの歌のため、誰もが聞いた事があります。

『サライ』は、谷村新司(アリス)と加山雄三の制作により誕生した楽曲である。1992年11月16日にシングルとしてリリースされ、オリコンチャート20位を記録している。日本テレビ系列(NNN・NNS)各局と沖縄テレビ(フジテレビ系列)が放送する『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』のテーマソングとして使用されている。

引用:WIKIPEDIA  サライ

もしものための、カラオケの練習方法

もしものためにカラオケを練習する時は、必ず複数人で行きます。

一緒に行った相手から、自分の声質にあった歌を選んでもらい、その内2曲を選び、練習を続けます。

音痴な人ほど、自分の声質がわかりません。

2曲なのは、他の人と歌がかぶる可能性があるからです。

練習のポイントは:

歌詞をとりあえず全部覚える。

*これで、歌うハードルは低くなります。

歌うのが嫌いな人は、音痴な上に、歌詞がわからないというのが、結構セットです。

スローな歌を選ぶです

速い曲調の歌は音痴にはとくに難しいです。

まとめ

何故、嫌なカラオケに行かされるのか?:職場と接待で理由は異なります。
カラオケを断る方法
・究極の断り方:寝ます
・遠慮した断り方:なるべく入口に近い席に座る
騒いで歌うのを忘れさせる断り方:ひたすら盛り上がる、でも歌わない
やってはいけない断り方:風邪で喉が痛い。⇒ 次回歌わされます
どうしても歌わされる場合に、少しだけ歌って断る方法:カラオケに行っている全員が歌える歌を歌い、ワンフレーズだけ歌う
もしものための、カラオケの練習方法:友人などに一緒にカラオケの練習に行ってもらい、声質のあった選曲を決める

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事が気に入ったらシェアをお願いします

フォローをお願いします