スポンサーリンク




仕事に活かす!ことわざ・名言・格言の事例集からチャンスを掴む

記事が気に入ったらシェアをお願いします

ことわざ・格言・名言を会社生活・仕事に活かす事例集

昔の言葉から、現代の会社生活に活かす事例をまとめています。

言葉の意味を理解し、上手く使うと共に、個人の成長につなげます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




目次

生活を豊かにする

・渡りに船!ラッキーの意味を知り、運が良くなる方法

ラッキー

渡りに船の慣用句から、ラッキーの意味とラッキーになる方法を知り、ラッキーの方程式を実践する。

ラッキーとは、他人や過去の自分との相対比較です。

・座右の銘神は天にいまし、すべて世はこともなし

仕事の進め方・指針

・三方よし!現代社会に使える事例と考え方

3

「三方よし=売り手よし、買い手よし、世間よし。」

三方良しは、近江商人の心得で、近江商人の精神を示す言葉です。

また、この心得を実践するには「信頼を得る」事が一番と説いています。

現代で如何に三方よしを実践するか?

・餅は餅屋!仕事は専門家に任せる?自ら行う?

専門家

仕事は

1、餅屋から買って食べるのがいいのか?

2、自分で餅を作った方がいいのか?

例えば、営業においてアメリカの顧客と交渉する場合

・英語を覚えなくてはいけない  と考えます。

では、交渉の目的は?・交渉の目的は自社に有利に進める事です。

英語を喋る専門家はこの場合第一ではなく、交渉能力を持つ専門家が第一になります。

英語は通訳の専門家を雇えばいいのです。

・時は金なり!出世する人は時間をコストと認識している

お金

自営業の方は時間=お金を意識している方が多くいますが、サラリーマンは比較的に時間=お金の意識が少ない。

時間をお金と認識し、出世しましょう。

 

・絵に描いた餅!計画通りに物事を達成する方法

餅

絵に描いた餅の言葉は、必ずしも、悪い言葉ではない。

最初に、絵を描かない(=計画)と、ビジネスや自分の行動は、スタートしません。

但し、絵の描き方(=計画の作成)が間違えた場合に、「絵の中の餅」になってしまいます。

・急がば回れ!意味はリスクを減らし目的を果たす事

急がば回れ

急がば回れは

「ゆっくり」するんだよと

感じますが、

「確実にリスクを減らし、目的を果たす」という意味です。

「急いては事を仕損じる」との違いは?

 

当たって砕けろ!この性格の人は仕事でリスクを取る決意がある人

リスクをとる

「当たって砕けろ」の言葉は一見、負けるイメージがあります。

しかし、意味は逆で、「当たって砕けろの性格な人は」

困難な事でも、リスクを取り、行動力があり、決意を持てる人です。

例題からこの性格の良さを知ります。

石橋を叩いて渡る この性格の人は仕事でリスク回避能力が高い

石橋

石橋を叩いて渡る人は、用心深く、行動を、しない人と皮肉で言われる事もありますが、現代の仕事においては必要な人です。

 それは、リスク回避・低減能力が高い性格の人です。

【各ことわざ・格言・名言の、隣の青い文字をクリックする事で、記事の内容を読めます】

転職・就活

・石の上にも三年!仕事や転職の3年の本当の意味とは?

石

「石の上にも三年」の三年の期間は目安です。

仕事で悩み、転職を考えている場合は、「仕事の習得期間の方程式」を知り、適切なタイミングで実践します。

仕事の習得までの期間、自分に仕事が合っているかの比率、継続(忍耐)出来る期間から算出出来ます。

・縁の下の力持ち!営業職の就活面接に使うの?

力持ち

就活面接でよく「縁の下の力持ち」になってがんばる発言を度々聞きます。

経理や生産管理等の管理系や技術職であればいいのですが、営業職での面接でも同じ発言があります。

営業職の採用面接では、この言葉はどのように思われるか?

【各ことわざ・格言・名言の、隣の青い文字をクリックする事で、記事の内容を読めます】

会社生活を豊かにする方法

・沈黙は金なり!会社生活でも使える名言です

沈黙雄弁

会社生活では、「沈黙は金」は使えるのか?

会社では「雄弁は銀」は「沈黙」より、使える印象があるが確かだろうか?

この二つの言葉を、会社生活や仕事において如何に活かせるかを学び、出世します。

・杓子定規!仕事で規則を守り、融通がきかない人は必要か?

定規

杓子定規な人はビジネス・会社において必要か?を事例に基づき解決します。

融通が利かない人が必ずしも悪いわけではありません。

杓子定規に少しの融通さと工夫があれば組織は上手くいきます。

・やってみて、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ初めて部下を持った時に使える名言です

上司

人材育成の名言。

山本五十六の「やってみて、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」の使用する目的とその効果。

また、この名言を補完する名言として、松下幸之助の「任して、任さず」を使い、部下を成長させると共に、事業の成長を行います。

早起きは三文の徳 早起き仕事術で業務を終了し早く退社する

早起き

退社時間1時間早く帰る!

「早起きは三文の徳」の意味は、早く起きることで体調がよく、仕事もはかどり、わずかです、が何か良い事があって得をする時と言うたとえです。

この例えを仕事に活かします。

早く起きる事で、効率的に仕事の準備や、複雑な業務を解決できます。

・百聞は一見に如かず!ネットの出現で、現場現物が変わる?

100

人から聞く自分で見る

事を表している中国の故事です。

現代社会でも使えるのでしょうか?

身近な社会とグルーバルな社会で、一見の意味は異なります。

・転ばぬ先の杖!

法人営業は万が一の準備を行うため「リスクと機会」を知る。

転ばぬ先の杖

「転ばぬ先の杖(つえ)」と言うと、「保険」を持つという言葉を思い浮かべます。

個人的に「保険」に入るなど「転ばぬ先の杖」を準備しますが、会社の業務では「転ばぬ先の杖」は何を準備するのか、わからない。もしくは準備をしません。

その準備の内容を法人営業の例で学びます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




記事が気に入ったらシェアをお願いします

フォローをお願いします