展示会で疲れない靴

・1日広い展示会場を歩いても、ブースに立っていても足が疲れない
・展示会は年に数回なので、家計に優しい靴  = 家族に購入の了承を得られる
・展示会は人に見られるので、見た目もかっこいい  = 恥ずかしくない
・せっかく購入するのなら、展示会以外でも使える
・展示会意外にも使えるメリットも?

詳細の説明記事はこちらです

マーケティングの目的は、一定期間の事業の進め方を1文章で表すこと

goal マーケティング

マーケティングは、データを集め、調査するという意味にとらえがちですが、実際は

 

・ある一定期間の事業の進む道を、1文章で表すことが、マーケティングの目的とアウトプットです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マーケティングの目的とは

 

マーケティングは非常に重要なツールですが、マーケティングの目的を理解することが一番重要です。

 

マーケティングを行う一番の目的は 、マーケティングから得られる一つの文章としてアウトプットされた言葉です。

 

一行の文章で表された言葉は 今後、事業をどの方向へ向かうかの指針となります。

 

アウトプットされた言葉とは

例えば、英会話の学校を設立したい場合、誰が 英会話を学びたいか、地域等の対象を決め、 マーケティングします。

 

その結果、

例えば、 「 定年後の海外移住をしたい年長者に教える英語学校を創る」等の 目的の言葉が生まれてきます。

この言葉が事業の目指す具体的な指針であり、 このゴールに向かって、戦略・戦術を立案し、運用方法を考え実践します。

実際に活動を行うと、戦略・戦術の修正を行う事があります。

 

実際の活動から、はじき出されたデータでは、海外移住をしたい年長者は男性が多くマレーシアで定年後に暮らしたい場合、事業の定義が代わります。

「 定年後にマレーシアを中心とする東南アジアへ移住をしたい男性年長者にマンツーマンで教える英語学校を創る」

その結果、マーケティングを再度、マレーシアと男性向けに 行い、戦略・戦術を修正していきます。

 

このようにターゲットの言葉が生まれれば、 その言葉に基づき、戦略・戦術・運用方法・実施・改善を行います。

つまり、マーケティングは「事業の指針となる言葉」を産み出すテクニックツールの一つです。

言葉の表現方法として必要なのが

・従業員の誰もがわかり、覚える言葉にすることです

 

今後もマーケティングから得られた 数字から言葉のアウトプットを行い、事業発展を行っていきましょう。

 

営業担当も言葉を創る

営業担当も、自身で営業を行っているエリアでマーケティングを行います。

その結果から得られた「言葉」ができれば、今後の営業活動で何をいつまでに行動を行えばいいかがわかり、営業成績は必ず上がります。

 

営業会議でもその言葉が、上司より受け入れられる言葉であれば、必ず褒められます。

例えば、営業担当が車業界で静岡県を担当しており、部材を販売している場合

「静岡の顧客上位3社にあたるA社、B社、C社の生産技術に、自社の新商品を、○○工程向けに、○○価格で販売を行い、シェアを20%アップさせます。」

という具体的な言葉で大丈夫です。

是非、言葉を想像してみてください。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
展示会で疲れない靴

・1日広い展示会場を歩いても、ブースに立っていても
 足が疲れない
・展示会は年に数回しかないので、家計に優しい靴 
 = 家族に購入の了承を得る事ができる
・展示会は人に見られるので、見た目もかっこいい 
  = 恥ずかしくない
・せっかく購入するのなら、展示会以外でも使える
・展示会意外にも使えるメリットも?

マーケティング
スポンサーリンク
725mkをフォローする
サラリーマン営業のスペシャリスト  725mk