営業マン向け 顧客の前で自信が持てるボールペン

高級感があり、安価なボールペンを求め続けた結果、ついに見つけました。

絶品 Filare フィラーレ だ !

営業初心者の人に好かれる身だしなみ10ケ条

昔と違う、最近の身だしなみ術を公開!

営業初心者でも、顧客に好かれます。

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”] 仁、そろそろ営業としての身だしなみをしてよ。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”jin.jpg” name=”新人 仁さん”]山田さん、今のままでいいですよ。僕らしくて、自然でいいじゃないですか。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”]そうだけど、流石に営業だから、他の職場や、顧客から、「少しは こぎれいにしたら」と言われるのよ。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”jin.jpg” name=”新人 仁さん”]じゃあ、教えて下さいよ。出来るようなら、やってみますよ。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”] 相変わらず、上から目線やね。[/speech_bubble]

 

スポンサーリンク

人に好かれ、受注をゲットするための「身だしなみ」

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”] では、気軽に堅苦しくない、パーフェクトな身だしなみ講座を学んでね、仁。[/speech_bubble]

 

1、髪の色・髪型

 

・基本は黒色です

・人によっては、茶色かかっている人もいますが、地毛であればOKです

・長さはシャツの襟にかかるまでにしましょう

 

一番のポイント:額が見れるよう髪の毛を上げる

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”jin.jpg” name=”新人 仁さん”]山田さん何故ですか。額が見えたらカッコ悪いじゃないですか。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”] それはね、額を上げると自信があるように見えて、人から信頼されやすくなるんだよ。特に女性の方は額を上げれば、キャリアっぽくなって、仕事が舞い込んでくるね。[/speech_bubble]

 

2、顔(髭は剃りましょう)

 

・髭は無い方がいいです。特に製造業の営業であれば、これは必須でしょう。

 例外であるのが、中東の営業をしている方は髭を生やしましょう。男色と思われてしまいます。

 

・眼鏡をかけている人は、出来るだけ黒・紺系統が無難です。

 

 

一番のポイント:

男性は夕方になると髭が伸びてくるケースが多いので、出来れば、携帯電気シェーバーを持って、夜に人と合う接待等の前には事前に剃っておけば、いいですね。

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”jin.jpg” name=”新人 仁さん”]山田さん、なんか面倒くさいですね。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”] そういわず、30秒で髭剃りは終わるよ。ただ、電気シェーバーが重いと持ち運びには不便かな。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yasuoka.jpg” name=”安岡部長”] 俺は中東担当だからいいか。[/speech_bubble]

 

3、シャツ:ネクタイをしっかり締める

 

・シャツは基本は白生地にストライプ等が良いですが、会社のルールに合わせればいいと
 思います。最近はシャツの色の規制が少ないので、あまり気にする必要もないでしょう。

・ネクタイがシャツにフィットするようにしましょう。よく、シャツの一番上のボタンを
 外して、ネクタイとシャツの間が締まっていない人がいますが、これは注意しましょう。

 

 

一番のポイント:シャツを購入する時は、首回りのサイズより+1cmのシャツを購入しましょう。

*通常は0.5cmでいいのですが・・・。

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”jin.jpg” name=”新人 仁さん”]山田さん、何故ですか。ぶかぶかになりますよ。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”] それはね。シャツは、最近、形状記憶シャツが多くて、家で洗濯する事も多いので何回も洗濯するとシャツが縮むからよ。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”jin.jpg” name=”新人 仁さん”]縮んだら、僕は新しいシャツを買いますよ。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”] いいなあ、仁は。家族持ちは大変なんよ。[/speech_bubble]

 

4、ネクタイは自分を強調できる

 

・ネクタイは色や柄の種類が多いですが、出来るだけ明るい色か、紺系統がいいですね。

・最近は、ネクタイの色や柄に文句を言う人も少ないので、是非、自分の好みで。

 

 

 

一番のポイント:公の場や、重要な会議、商談では赤系統のネクタイをしましょう

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”jin.jpg” name=”新人 仁さん”]山田さん、いきなり赤色ですか。何故でしょうか。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”] 元々、ネクタイは欧米の文化でね、特にアメリカでは重要な場合は赤系統のネクタイをするのが礼儀なのよ。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”jin.jpg” name=”新人 仁さん”]山田さん、ここは日本ですよ。JAPANです。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”] そうだね。一番言いたいのは、ここぞっていうネクタイを準備しておくのが重要なのよ。気合が入るからね。赤系統であれば、海外ビジネスにも使えるから赤系統って言ったのよ。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”jin.jpg” name=”新人 仁さん”]じゃあ、エルメスとかブルガリのネクタイでも買いましょうかね。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”] それはいいけどね、他のネクタイとガップがありすぎて、普段に自信が無くなっても困るよね。全部、ブランドならいいけど・・・・[/speech_bubble]

 

 

5、爪は綺麗が一番

 

・爪はあまり伸ばさず、定期的に切りましょう。

・あまり伸びるとパソコンが打ちにくいので、時間が掛かりますね。

 

特殊なポイント: 製造業で工場の中に入る事が多い人は、小指の爪を少しだけ長くしてくださいね。

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”jin.jpg” name=”新人 仁さん”]山田さん、嫌ですよ。何か変ですよ。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”] これはね、安全のためなんだよ。もし、装置や何かの機械に挟まれそうになっても、通常、先に小指から挟まれるから、爪で逃げるようにするんだよ。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”jin.jpg” name=”新人 仁さん”]ええ、知りませんでした。[/speech_bubble]

 

6、スーツは勝負服

 

・スーツの王道は紺系統です。ネイビーブルーも感じがよく、強さも感じられます。

・柄はあっても良いです。ストライプ柄は他人から見ても、通常は気持ちがいいものです。

 

 

一番のポイント: ずばり、しわくちゃになっていない。

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”jin.jpg” name=”新人 仁さん”]山田さん、いつも工場に入っているんで、僕のスーツはしわくちゃですよ。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”] そうだよね。わかるんだけど、出来る限り、クリーニングに出したり、形状記憶のスーツを購入しなくちゃね。しわくちゃは、カッコ悪いよね。[/speech_bubble]

 

7、ズボンはスジが大事

 

・ズボンはスーツの上に合わせます。色も柄もスーツと同じですね。

・ブレザーを上に来ている人は、色合わせが得意でしょうから、ズボンでメリハリをきかせましょう。

・裾のダブル、シングルはお好みでどうぞ。

 但し、時々、シングルじゃないとウルサイ上司はいますね。

 

一番のポイント:ズボンの真ん中のスジがはっきり見える事です

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”jin.jpg” name=”新人 仁さん”]山田さん、どうでもいいよな気がしますね。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”] どうでも良くないよ。これはスーツを着て、ズボンにスジが無いと、だらしなく思われるんだよ。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”] これは理由はないけど、みんな思ってるから、よく出張するとホテルにズボンプレッサーが置いてあるよね。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”jin.jpg” name=”新人 仁さん”]そうですね。でも、ズボンプレッサーって、スジが上手くきれいに付かないですね。[/speech_bubble]

 

8、靴下が落ちない

 

・靴下も王道は黒か紺系統です。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”] 紺ばっかり、言ってるような気がする。[/speech_bubble]

 

・B toB営業では白色の靴下はNGです。

唯一、韓国では公式の場に白色はOKです。

 

・柄も派手でなければ、問題ないですね。

 

一番のポイント:靴下が下がってきて、スーツのズボンが上がった時に、素足が
        見えないようにしてください

 

 

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”jin.jpg” name=”新人 仁さん”]山田さん、これは良くありますね。すぐ靴下が下がるんですよ。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”] 靴下が下がらない靴下もあるみたいだけど、小まめに買い替えた方がいいね。安いからね。3足1000円以下だしね。[/speech_bubble]

 

9、靴は軽い靴が動きやすい

 

・もう今となっては革靴でなくてもいいです。

・特に営業で外回りする人は軽くて、一見革靴に見える靴でいいですね。

・色は黒、紺、茶系統等、あまり気にしなくていいですね。

・柄も特に決まりはありません。

 

 

一番のポイント:靴紐があるタイプを履きましょう

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”jin.jpg” name=”新人 仁さん”]山田さん、革靴じゃなくても、何でも良いって言ったじゃないですか。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”] 言ったよ。靴紐があると、紐を締める時に、自分が凛々しくなって自信がつくんだよ。見た目も問題ないしね。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”jin.jpg” name=”新人 仁さん”]ネクタイといい、営業って締めるのが多いですね。月末も締めるって言うし。[/speech_bubble]

 


[テクシーリュクス] texcy luxe 軽量トラッドストレートチップビジネス TU-7774 TU-7774 008(ブラック/25.5)

 

10、自分のポイント(特徴)を決める

 

・人とは違う、ポイントを創る事によって、人から自分の特徴を知ってもらえ、自分の他人へのイメージ作りやイメージアップにつながります。

・何かのワンポイントを作って、特徴付けをしましょう。

 

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”jin.jpg” name=”新人 仁さん”]例えはないんですかあ。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”] ネクタイの部分で言った赤系統のネクタイをするのもいいし、緑色に斜めストライプのネクタイをして、大東○○大学風って言ってもいいしね。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”jin.jpg” name=”新人 仁さん”]とにかく、自分の特徴を、人に知ってもらうんですね。じゃあ、僕は白いハンカチーフをスーツの前ポケットに入れときます。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”yamada.jpg” name=”山田係長”] 似合わないね。[/speech_bubble]

 

 

 

 

スポンサーリンク
営業マン向け自信が持てる価値あるボールペン
高級感があり、安価なボールペンを探し続けた結果、ついに発見。ゼブラ製フィラーレ!
顧客
スポンサーリンク
サラリーマン営業のスペシャリスト  725mk