スポンサーリンク




誰でも簡単!会社員の仕事の悩みをズバッと解決する方法

記事が気に入ったらシェアをお願いします

仕事の悩みをズバッと解決します

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事の悩み:よくある事

1, 会社の悩み

・会社の文化が嫌い

何を行うにしても体育会系

人を疑い、指摘する文化 ⇒ これが酷いと、トイレに行く回数迄つける人が居たりします

規律がなく、自由奔放の様だが、何も決めれない

・会社の体質が嫌い
 

何事もYESしか通らない

何かあれば、とりあえず、飲み会を行う

季節行事がある事に、若い人が準備させられる

・会社のトップが嫌い

トップがワンマンで、聞く耳をもたない

朝令暮改が頻繁にありすぎる
 
 

2, 人の悩み

・上司が嫌い

とにかく、上司が嫌い

パワハラをしているのに、パワハラとならないように上手くごまかす

単に、うるさい

更に、細かい
 

3, 同僚がうざい

上司や周りに媚びる人

自分だけを除け者にする人

匂いがキツイ人

噂話が好きで、雑誌の週間○○ような人

4, 周りの人に嫌悪感を持つ

何を聞いても、嫌味に聞こえる

周りが全て敵だと思う

4, 顧客や仕入先から嫌われる

嫌味な電話が多い

上司にメールで、やっていなかった事をチクル

5, 時間の悩み

・残業が多い

今日しなくてもいい残業や、始めから言ってもらえば、残業をしなくてよかった事

・先の予定が立たない仕事がある

週末に突然、仕事を言われる環境の職場

翌週、旅行だと言っておいても、急に入る突発的な仕事

・束縛される

行動を監視される

出張は時間単位でスケジュールの報告が必要で、絶えず、どこに行っているかをチェックされる

6, プライベートの悩み

・家族が仕事を理解してくれない

家族が自分の仕事に興味がない

仕事を代われと、よく言われる

会社の悩みを聞いてくれない

会社での悩みを言うと、無視される

もしくは、あなたが悪いと一方的に怒られる

 

7, 自分は悪くない、突然のトラブル

・外的なトラブルで、自分のせいになる

急に、顧客とのトラブルが発生し、何も悪いことをやっていないのに、自分が悪者になる

・上司が勝手に自分に責任を押し付ける

上司が行った事で、まずくなった時に、部下の自分に責任を押し付ける。

上層部の話は伝わってこないので、知らない間に悪者になる

 

8, 会社までの通勤の悩み

・会社まで遠い

とにかく、通勤に2時間以上かかり、通勤する事が仕事の一部になる

・通勤が混んでいて、辛い

とにかく、電車が混んでいて、苦痛。特にお腹が痛い時は地獄

9, 給与の悩み

・成績が良いのに給与が上がらない

成績が良くても、会社の業績が悪い場合は給与が上がりにくい職場

・給与はいいけど、仕事量と責任がハンパない

給与はたくさんくれるけど、馬車馬の様に、働かされる職場

・評価が正確にされていないため、実力より給与が低い

評価を公平にしない会社

特にハロー効果が強い会社

「ハロー効果」というのは、具体的には「あの人は明るく誰からも好かれる」

「あの人は暗くて陰気でいつも批判的なことを言う」 

この二人がいれば、能力に関係なく、評価が前者に集まるということです。

そのため、前者と後者が同じミスをしても前者は「よくそのミスを言ってくれた」

後者は「何でできないんだ」となります。

 
では、このような悩みを解決します。

悩みを誰もができる簡単な解決方法

解決方法は、自分が変化する事です。

「わかってるけど、難しいよ」と言われそうですが、実は「変化する事」は簡単です。通常は次の順番で自分が変化していくと思われがちです。

①気持ちを変化する

②行動を変化する

③思考を変化する

④自信をつける

やはり、気持ちを変化する事は一番難しい!

では、どうやって、変化させるのでしょうか?

実際は①と②が逆なのです。

「先に行動を変化させ、気持ちを変化させていく事です。」

まず、会社員は大きく変化することが、苦手な環境にいます。

それは、会社の狭いルールの中で働いており、その場所から逃げにくい環境化に置かれているからです。

そのため、小さな事から行動を変化させ、大きな気持ちの変化を起こせる体質にしましょう。

一つの例ですが、

1990年代のNYは凶悪犯罪が多くデンジャラスな場所でした。そこで、当時のNYジュリアーニ市長は軽犯罪を徹底的に取り締まりました。

結果は、犯罪は劇的に減り、地下鉄も1人で乗っても大丈夫になりました。

これは、「人はいきなり大きな犯罪を犯すのではなく、小さな犯罪から慣れて、だんだん大きな犯罪になっていく」という理論からきております。

変化の対応も同じですね。

具体的に小さな変化をしてみます

1, 会社での変化方法

・まず、少し服装を変えてみるです。靴下の色を変える、ワイシャツの柄を少し変える、無地にしてみる、見えない下着におしゃれをすると気持ちが少し変わります。

・休憩時間にやる事を少し変えてみる。例えば、いつも休んでいる場所から5m移動する

・必ず、トイレに行く時間を変える。トイレは自然と同じ時間に行く習慣になっていますので、習慣を少し変えてみるのは気持ちが変わります。

 

2, 人との接し方の変化方法

・朝一に、小さな声か大きな声でいつもと異なる挨拶をしてみる

・一番嫌な人に、1日一回 一言だけ 話してみる

・とりあえず「そうですね」と何でも言ってみる

3, 時間に対する変化方法

・時計を1時間遅くすると、忘れているとハッします

・残業時間を、いつもより5分、早く終われるように挑戦する

・予定を立てて、譲らない姿勢を持ちつつ、譲ってみる。⇒ 相手からは、自然と我慢できる人、気分をコントロールできる人と思われます

・10秒を数えてみる。声に出して、101,102・・といえば、10秒になり易いです。⇒ これは気持ちが落ち着きます、特に目をつぶってピッタリ10秒を言えれば、最高です

 
4, プライベートでの変化

・家族に仕事の話は一切しない

・もしくは、家族に事細かに、あきれるくらい仕事の話をする。

特に職場の人を表現し、家族に職場に誰がいてどのような人かを印象付けさせます。

そうすれば、その後は、「ああ、あの人だからしょうがないね」と同意を得やすくなります

・土曜の朝だけ、仕事を思い出し、昼からはあえて忘れてみる

5, 自分は悪くない、突然のトラブルの変化

・何でも、情報を周りに、誰よりも早く言う事により、自分が悪いと言われない環境がつくれます 

・上司が責任を押し付けた場合、「貸しですね」と笑って言ってみる。

 ⇒ そんな人は上司は怖いので、その後言いません。責任を押し付ける上司は小心者なので、普通以外の言葉に弱い。

 
6, 通勤方法の変化

・いつも乗る、電車かバスの時間をひとつ前の時間に乗る

・乗る車両を変えてみる

・通勤ルートを、出社に、間に合うように少し変えてみる

・座る席の位置を変える

・いつも座れるなら、立ってみる  更に、毎日見る方向を変える

・毎日、電車やバスで同じ人を見ないようにする

7, 給与に対する考え方の変化

・給与は安いが、まだまだ力が足りないと、少し思う余裕を持って人に喋る

・評価はされていると思った事にして、まだ「成長しますよ」と上司に言ってみる

・今の給与は先の大きな成功の勉強代と思う事にし、何かの勉強の本を買う、もしくはネットで学習をする。これは、必ず少しのお金を払うのが重要です。

お金を払っている時と無償では行動が変わります。

行動の変化の方法を本当にこれでいいの?

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、論理的な行動の変化は疲れるので、継続しません。

何気ない少しの行動の変化が、少し気持ちを変え、人の脳はこれまでと異なる習慣を思い込みます。

そして、習慣が少しづつ変わっていけば、行動も気持ちも大きく変わっていきます。それが、思考の変化をもたらし、自信につながります。

 
少しでも変化し、継続を続ければ、将来、大きな変化(行動・気持ち・思考・自信)になるでしょう。

まず、小さな行動から始めてみてみませんか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事が気に入ったらシェアをお願いします

フォローをお願いします