営業マン向け 顧客の前で自信が持てるボールペン

高級感があり、安価なボールペンを求め続けた結果、ついに見つけました。

絶品 Filare フィラーレ だ !

新所沢 手土産に最高の「乃が美」高級生食パンが手に入ります。

埼玉県所沢市の新所沢に高級「生」パンで有名な「乃が美」の販売所があります。

 

看板

 

 

乃が美の食パンは友達の家を訪問する際や、おじいさん・おばあさんへの手土産として大変喜ばれる食パンです。

 

一番の魅力は「生」で焼かずに食べれ、甘味と旨味が最大限に食パンに活かされています。

 

スポンサーリンク

乃が美の高級「生」食パンとは

乃が美のパンのこだわり

・たまごは使用していない

・最高級カナダ産100%の小麦粉を使用

・焼かずに美味しく食べていただける高級「生」食パンのこだわり

引用:乃が美   乃が美 美味しさの秘密

 

高級パン

 

 

値段は何と 一本税込み864円(2斤分)です。

手提げ袋も高級感があり、手土産には最高です。

 

高級食パンの文字が表ではなく、裏(中から見えます)に印刷されているのは、奥ゆかしいです。

 

包装

中身もしっかりビニール袋で包まれています。

 

食パンを買ってそのまま食べると、この価格を上回る価値を感じます。

 

・買ってそのまま、手でちぎって食べても美味しい

 

・1日置くと、更に旨味がまして、絶妙の味になります

写真ではわからないと思いますが、1日置いた食パンです。

個人的には、1日おいて、熟成をした方が、美味しいと思います。

 

パン

 

 

・耳まで柔らかく、お年寄りでも簡単に食べれます。もともと、創業者が老人ホームを巡り、お年寄りでも耳まで食べるパンを目的に開発を行ったそうです。

 

・もっちりふわふわです

 

少し見栄えが悪いですが、ちぎってみました。

 

一斤のパン

 

手でちっぎっています。

 

一切れのパン

 

 

 

所沢販売所で効率よく食パンを購入する方法

 

西武線沿線にお住いの方には嬉しい販売所です。

住所は 埼玉県所沢市緑町1-19-16

電話はなぜか草加店で承っています

草加店 048-954-5555

 

西部新宿線の新所沢駅西口出口より徒歩2分の立地です

 

 

営業時間はAM11:00~完売次第終了になります。

定休日は月曜日になります。

ときどき、不定休の休日がありますので、前もってお店の案内をチェックしましょう

乃が美 所沢販売所

 

完売次第終了ですので、11時にお店に到着する事がベストです。

 

4月14日土曜日11時15分にお店に行った場合の購入の例です。

行列を並んで約10分で購入が出来ました。

約20人の行列です。土日はいつも約20人の行列です。

1人にかかる時間は30秒以内なので、確実に10分で購入できます。

 

購入の際は、先にお金をお支払いし、その後に店員から、紙袋に入った食パンを渡されます。

 

12時15分頃には既に3本程度しか残っていませんでした。

13時頃に再度訪問しますと、既に完売となり、お店は閉まっていました。

 

お店

 

お店の人にお伺いすると、日によって用意している本数が異なり、この土曜日は200本近く用意をしたそうです。

 

この所沢販売所では、1本(2斤)のみの購入となります。

他のお店では半分の1斤(税込み432円)で購入できます。

 

食パンと共に魅力的なクルトン

 

クルトン

 

美味しい食パンでも、ずっと食べると、食感を変えたくなります。

そこで、このクルトンを一緒に購入する事をお薦めします。

 

クルトンは乃が美の食パンを使用して作ってあるので、非常に香ばしく、カリッとしており、子供のおやつにも最適です。祖父母が食パンを食べ、クルトンをお孫さんにあげる姿は最高です。

 

このクルトンを食べて、また、食パンを食べると一層食パンの旨味が増します。

クルトンの値段は一袋税込み216円です。

 

食パンと一緒に購入しても、税込み合計1080円なのは嬉しいですね。

 

最強の手土産品でした。

 

家で作るパンも美味しいですね。

ホームベーカリーも技術が発達しました。

 

1987年(昭和62年)3月頃に松下電器産業(現・パナソニック)[3][4]、船井電機[5]が相次いで製品化し、バブル景気とも相まって「第二の炊飯器」として大ヒットした。

大ヒットの一方、専用の小麦粉が必要であるにもかかわらず専用品の供給が少なかったこと、コストパフォーマンスも市販のパンと同等で特に優れてはいなかったこと、などの欠点があった。

この1980年代後半のブーム後は、1992年(平成4年)には販売台数が2万台弱となるまでに落ち込んだ。

2005年(平成17年)頃から、基本性能の改善・レシピの増加そして(機種によっては)電動餅つき機をも兼用する多機能化に加えて、食品添加物を避ける消費傾向やアレルギー対策としての手作り志向の高まりを受けて、第3期ブームが到来。2010年代初頭現在、再び年間20万台に届く規模にまで拡大しつつある。

引用:WIKIPEDIA   ホームベーカリー

 

スポンサーリンク
営業マン向け自信が持てる価値あるボールペン
高級感があり、安価なボールペンを探し続けた結果、ついに発見。ゼブラ製フィラーレ!
地域:埼玉県狭山市近辺
スポンサーリンク
サラリーマン営業のスペシャリスト  725mk