スポンサーリンク




安岡部長の営業生活でピンチだった時

記事が気に入ったらシェアをお願いします

主人公:安岡営業部長の過去の様々なピンチ

安岡部長
こんなピンチはいらいないけど、図太くなったわ
山田係長
No.18番が気になるんですけど
安岡部長
ここでは喋られへんわ。今度二人きりでやわ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

安岡部長のピンチだった時 20

1. 見積を一桁間違えた時に、顧客より、見積は正式だからねとおどされた時

2. 接待の翌日、寝坊した時に風邪です、と言った時

3. 日曜日に顧客に行き仕事をして、夜に勝手に一人で酔いすぎて、月曜日に起きれなかった時

4. 出張で電車と飛行機が遅れ、アポイント時間に間に合わず、更にアポイントがキャンセルになった、無理矢理出張に行きたくて、アレンジして行った出張の時

5. 出張し、その日のホテルが全くとれなく、結局、唯一あった旅館を予約できたが、ご飯が周りに何もなく、30分移動してコンビニ弁当を食べた時

6. 接待で、調子に乗った翌日に顧客に会う時

7. 接待で、現金を忘れ、カードが使えない時

8. 内示で社内を動かし、不幸にもその顧客がお亡くなりになり、顧客の誰もその内示を知らなかった時

9. 取引先の担当が何故か捕まった時に、電車のホームは端で待たない事と上司から言われた時

10. 顧客が倒産し、債権があり、与信を越えていた時

12. 中国で仕入先の担当とその上司と昼食を食べている時に、「貝が美味しい」とその上司に言われ、一緒に通訳で同行していた北京出身の中国人が「これは腐っているので食べれない」と言われ、「嫌」と仕入先の担当に言うと「食べれば値段を下げる」と言われ、食べてみて、2週間大変だった時

14. 台湾で、注文がキャンセルになり、覆すために、顧客の社長を顧客の窓が開いている部屋で8時間待って、2時間交渉し、注文を元に戻し、風邪を引いて、日本に帰って、キャンセル書類がきた時

15.  アメリカで同僚の女性と、速度違反したから裁判所一緒に言ってと言われ、一緒に行くと、非常にデンジャラスな所で、危ない人達がたくさんいる中で、裁判所に入る時に、守衛から弁護士だねと言われた時  *怖くて、恥ずかしかった

16. チリの山奥で、一緒に連れて行った後輩が寝込み、自分は通訳で言ったので全く仕事の内容を知らなかったのに、仕入先の社長と夕食を食べて、全く内容がわからず、話しにならず、相手が皆んなで、スペイン語で話し合い、2時間フランス料理を食べた時

17. チリに行く時に、飛行機に乗ると、降下し始めた時に、いきなり、スペイン語でビンゴをはじめ、パイロットが番号を言い、着陸3分前にビンゴが終わって化粧品のプレゼントをもらった人がいた時  *ちゃんと運転して欲しかった

18. アメリカで、ニューヨークポリス(いわゆるNYPD)に2時間取り調べを受けた時 *何も悪いことはしてません。

19. 2週間で、飛行機に18回乗り、夜行便4回付きで、全てディスカウントチケットで、乗り遅れたら自腹で払って8ケ国回って帰って来てと上司に言われ、一回も乗り遅れられない時 *11番のペルーの内容はこの時でした。

20. 売上がいかず、責任を取って、坊主になったときに、部下から「何か悪い事をしたのですか?」 私も「個人的に失敗して」ありましたよと同情された時

いろんな事もありますが、営業は楽しいですね。これからも頑張って参ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事が気に入ったらシェアをお願いします

フォローをお願いします