展示会で疲れない靴

・1日広い展示会場を歩いても、ブースに立っていても足が疲れない
・展示会は年に数回なので、家計に優しい靴  = 家族に購入の了承を得られる
・展示会は人に見られるので、見た目もかっこいい  = 恥ずかしくない
・せっかく購入するのなら、展示会以外でも使える
・展示会意外にも使えるメリットも?

詳細の説明記事はこちらです

受注が大幅に減った時の簡単な営業の対処方法

受注を祈る人 受注売上

 

営業で受注がとれないのは、大きなストレスになります。売上利益も大切なのですが、その前に受注が必要となります。

受注がとれない原因はたくさんあります。競合に比べ、価格が高い、製品が悪い、品質が悪い、アフターサービスが悪い、納期が遅い、営業対応が悪い等、原因は津々浦々です。

 

受注がない時は、受注を取る為にテクニックや対策を考えるよりも、基本に戻ります。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

営業の基本とは

 

顧客への訪問する順番を考え、訪問スケジュールの作成を行います。

訪問後は、依頼事項や、要望事項を、いつ迄に回答すると回答を行ない、回答日に必ず回答を行います。

見積依頼時はすぐに、見積提出を致します。

 

この様な事は当たり前ですが、意外と出来ていないケースはあると思います。

 

基本通りに行動すれば、受注獲得に一歩近づきます。

 

見積価格にしても競合と ほんのわずかの差で勝つ事もあるでしょう。

 

それは顧客を訪問し、あらゆる情報をゲットしているので営業が受注をとるための価格を自然とわかっているからです。

 

わずかな差ですが、このわずかというのが重要です。

 

わずかの差は何を生むか?

 

例えば、オリンピックで、仮に100m走で3位が9.85秒とします。4位が9.90秒とした場合は、何と0.5%の差でメダルを取れるかどうかが決まります。

たった0.5%の差で人生が変わるのです。

 

実はオリンピックのどの競技も同様に3位と4位の差は数%以内になります。

同様に、見積価格においても、競合との差は数%でしょう。

その差は営業が情報を取得し、その競合との価格差を埋めるために上司に掛け合う事で、受注を取れるケースは多くなります。

そのためには顧客への訪問を何度もルーチンで行う事です。

また、自社の製品や提案をほんの少し変えるだけて、売れる事もあります。

営業ができるのは、商品名にNewを加える、オプションがあればオプションのリストの順番を顧客に効果がある順に変える、見積書の内容の順番を変える(見た目よしにする)等の少しの改善は大きな改善より、短期的な効果はあります。

 

長期的にはマーケティングに基づく、戦略戦術の立案と運用が大事ですが、受注がとれない時こそ、細かい当たり前の事を、新人に戻ったつもりで営業を行えば解決のヒントが見つかります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
展示会で疲れない靴

・1日広い展示会場を歩いても、ブースに立っていても
 足が疲れない
・展示会は年に数回しかないので、家計に優しい靴 
 = 家族に購入の了承を得る事ができる
・展示会は人に見られるので、見た目もかっこいい 
  = 恥ずかしくない
・せっかく購入するのなら、展示会以外でも使える
・展示会意外にも使えるメリットも?

受注売上
スポンサーリンク
725mkをフォローする
サラリーマン営業のスペシャリスト  725mk