スポンサーリンク




会社員がプロ意識を持つには、社員の「稼業」をしている気持を持つ

記事が気に入ったらシェアをお願いします

プロ意識

会社員がプロ意識を持つには、「社員の稼業」をしている気持ちを持つ事です。

プロの人というと、スポーツ選手・職人・芸能人・医師・囲碁・将棋等の個人のスキルを職業に活かし、そのスキルでお金を稼いでいると人と想像します。

プロフェッショナル

では、サラリーマンのプロとは?と言われると、ピンとこないですね。

今の仕事を一生懸命行う事が、プロなのかどうかもはっきりとわかりません。

サラリーマン

サラリーマンがプロ意識が少なくなる原因と、プロ意識を持つ方法を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




プロ意識とは

プロは「プロフェッショナル」の略称

プロフェッショナル (英:Professional)、略して「プロ」は、本来の意味は「職業上の」で、その分野で生計を立てていることを言い、「公言する、標榜する」が語源である。対義語はアマチュア (英:Amateur)。類義語にエキスパート (熟練していること 英:Expert、対義語は 英:Inexpert )、スペシャリスト(特化していること 英:Specialist、対義語は 英:Generalist )がある。

引用:WIKIPEDIA   プロフェッショナル

プロとは、ある分野の職業でお金を稼いで、生活をしている人です。

プロ意識とは

プロフェッショナルな人は、ある分野でお金を頂いている意識を常に持ち、自身のスキルや人より優れた事で、上達させる意識を「プロ意識」と呼びます。

更に、最近では社会的な常識を持ち、ある分野のトップとしての振る舞いも求められます。

そのため自身の発言や行動に責任を持つ意識も必要となっています。

会社員のプロフェッショナルと問題点

スポーツ選手や芸能人等と異なり、会社員のプロフェッショナルは曖昧になります。

会社員のプロとは

1、会社の業務・職務のプロフェッショナル

2、会社の業務・職務が出来るスキルを持っている

3、会社都合により人より優れた能力は会社で使える場合と使えない場合がある

4、会社での業務・職務を行う事で、お金(給与)を頂いている

会社員のプロとしての意味が曖昧になる最大の原因は

3番の人より優れた能力が、会社都合により、使えない場合が多いため、会社員はプロフェッショナルと意識しにくいのが原因です。

会社で使えない能力

つまり、スポーツ選手と違い、自分が得意でない事で、給与をもらっている事も多くあり、プロ意識を持ちにくい環境にあります。

但し、前述のプロ意識と同様に、世間の常識を守る事や、発言・行動の責任は会社員でも求められます。

責任

最近は下記の2点が会社員にも求められます。

ダイバーシティが必要となっている

コンプライアンスを守る

では、会社員がプロ意識を持つ考えを紹介します。

「社員稼業」を実践する。

社員稼業とは

社員稼業とは旧松下電器(現 パナソニック)の創業者松下幸之助の言葉です

「自分は、自分に任せられた仕事においては責任ある経営者だ

この「社員稼業」の考え方が身についているかどうかで人生は一変する!

松下幸之助の説いた「社員稼業」とは、たとえ会社で働く一社員の立場であっても、社員という稼業、つまりひとつの独立した経営体の経営者であるという、一段高い意識を持って自らの仕事に当たる、という考え方である。

引用:PHP総研   社員稼業

現代社会で言い換えると、社員と言う自営業者を運営する事が、社員稼業となります

稼業とは「金銭を稼ぐために行う生活の中での主要な活動」

引用:Weblio      稼業

稼業とはプロフェッショナルと同じような言葉です。

八百屋 稼業

社員稼業の気持を持つための考え

スポーツ選手等と同じ様に、毎年年俸を契約する気持ちになって「会社員を営む」事です。

今は疑似的に、年俸を決めている会社も多くなっています。

例えば:

・毎年(半期毎の場合もあり)、自分の達成目標を上司と決めて、そのプロセスと結果により、昇進やボーナスの評価になる会社も多くあります。

・ノルマがあり、そのノルマにより、インセンティブがもらえる仕組みの会社

・管理職になれば、完全年俸制の会社もあります。

この様に、疑似的な年俸で会社と契約をしており、「年俸の責任を果たす。年俸を上げる」「今の契約した業務を行う」ために、自身のスキルを向上させる意識を持つ事が、社員稼業の考えになります。

派遣社員

この社員稼業の仕組みは、既に「派遣社員」は実践しています。

派遣社員は、自身のスキルを雇われる会社とスキルの対価として、時給を決めています。

また、契約期間も契約で決まります。

社員稼業には他のプロにはないメリットがある

自分が会社員という自営業者であれば、スポーツ選手等と異なる次のメリットがあります。

・自営業者は確定申告等の面倒な事がありますが、会社員にはほとんどありません。

・得意な分野でなくても、生計を立てる事ができ、不得意な事でも業務を通じて、上手くなります。

・得意な分野でトップ(上位)でなくても、お金をもらえます。

・いくら成績が悪くても、スポーツ選手等と違い、給与が無くなる事はありません。

給与

この様に会社員は他のプロの人と異なり多くのメリットがある上に、社員稼業の意識を持てば、会社内でも他の多くの会社でも活躍が出来ます。

更に、この社員稼業の意識を持っている人は、本当の自営業者として独立しても上手くいきます。

まとめ

プロ意識とは:ある分野で生計を立て、自身のスキルや人より優れた事を上達させる意識。
会社員のプロフェッショナルと問題点:会社では、人より優れた能力を会社で使える場合と、使えない場合がある
社員稼業とは:会社員を営む自営業者
社員稼業の気持を持つための考え:疑似的な年俸で会社と契約をし、年俸を上げるために努力する意識
社員稼業にはメリットがある:いくら成績が悪くても、給与が無くなる事はない
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




記事が気に入ったらシェアをお願いします

フォローをお願いします