スポンサーリンク




営業職! 出世欲を持ち、出世する方法

記事が気に入ったらシェアをお願いします

出世する人の意識を学び、出世をする。

営業職は出世して、より大きい仕事が出来ます。

山田係長
安岡部長おお、私は今後、出世できそうでしょうか。

安岡部長
いきなり、なんなん。上司に聞くなよ。そんな事言えへんわ。

安岡部長
しかし、そういう気持ちは大事やわ。

山田係長
ありがとうございます。私は出世したいんですよ。

山田係長
何故かと申しますと、出世すれば、もっと責任のある大きな仕事が出来ると思うんです。

安岡部長
おお、模範解答やね。

山田係長
更に給料も上がりますし、最高ですよね。

安岡部長
じゃあ、早く俺と代わってや。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

営業職は出世をしたいと望む事が大事です。

これまで営業職であれば、出世をしたいと思うのは、普通ではないかと思っておりました。

数字をあげれば出世が出来ると思う事が、営業職にはどこかにあるのでは?と全員が考えていると勘違いをしておりました。

しかし、世の中が変わり、出世が大事ではなく、個人の生活が重要になっております。

また、営業職には限らず、全ての職種でも個人生活重視になっています。

新人 仁さん
仕事より、遊びの方が大事ですよ。友人との付き合いが一番ですよ。仕事はお金を稼ぐ一つのツールですよ。

山田係長
お金稼ぐなら、是非、もっと働いてね。仁。

新人 仁さん
これ以上働いたら、遊ぶ時間がなくなるじゃないですか。

営業職は出世しましょう

世の中が変わってきていても、営業職は出世を望むくらいでないと、数字を生み出せないのが一般的ではないでしょうか。

新人 仁さん
安岡部長おお、考えが古いですよ。ねえ、山田さん。

山田係長
仁、じゃあ、私も、古い人間かな。

新人 仁さん
山田さん、じゃあ、理由を教えくださいよ。

山田係長
わかったよ、じゃあ、特徴から話してみるね。

安岡部長
なんで、質問してた山田君が説明するの?

山田係長
すみません、仁が入ってきたので、自分の考えをまとめるために言ってみますね。

出世する人の意識は

1、まず、「いい営業=数字を上げる」と仮定すれば、自社の組織の数字管理や顧客への
  販売意識が高い人が「いい営業」となります。

2、この数字意識が高い人は、自然と営業成績がよく、上司からも評価されます。

3、評価されれば、自然と出世します。

山田係長
この順番を3、1、2に進めば、営業成績がよくなるんだよ。仁。わかる?

新人 仁さん
つまり、出世欲が強ければ、数字の意識が高まり、営業成績も良くなっていくんですか。

新人 仁さん
じゃあ、出世欲を持って、出世しますね。

山田係長
そんな簡単じゃないよ。出世するには、営業成績が良い事に+αがいるんだよ。

出世するための+α

・実際の出世方法は、上司と仲が良いとか、周りと上手くやっている、営業成績が
 良い等言われますが、一番重要な事は?

会社によってテクニックは異なりますが、共通しているのは、周りや顧客から尊敬されている人が出世をします。

・実際に「違うよ」と思う方もいると存じますが、その出世は一過性のもので
 長続きはしません。

・更に、一番を勘違いするのは「上司や周りと仲がいい」と「尊敬」は大きく異なります。

例えば;

尊敬に値する人: 分からなかったら、あの人に聞けばいい。
         尊敬される人は怒鳴らず、落ち着いて物事に対処する。

誰とでも仲が良い人:あの人と一緒に遊びや食事に行くと楽しい。でも、仕事は別。
          嫌われない様に、周りに意見を合わせて、結論がない。 

新人 仁さん
山田さん、結論は出世欲を持って、人から尊敬されればいいんですね。簡単ですね。

山田係長
簡単じゃないよ、尊敬されるまでになるにはね。でも、まず出世欲を持つことから始まるね。

営業職は、出世欲を持ち、過去最高の売上成績を達成し、出世して更に大きな仕事を実践して参りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事が気に入ったらシェアをお願いします

フォローをお願いします