展示会で疲れない靴

・1日広い展示会場を歩いても、ブースに立っていても足が疲れない
・展示会は年に数回なので、家計に優しい靴  = 家族に購入の了承を得られる
・展示会は人に見られるので、見た目もかっこいい  = 恥ずかしくない
・せっかく購入するのなら、展示会以外でも使える
・展示会意外にも使えるメリットも?

詳細の説明記事はこちらです

論理的な管理が嫌いな感情的な営業が、両方の考えを持つ方法

怒る営業マン 上司・部下・同僚

 

理的な管理と感情的な営業の場合、どちらも仕事では必要です。

この両方の論理と感情の良いバランスがあれば、最高の社会人になります。

何を学べばいいかを、学ぶ順に紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

よくある管理と営業のもめるケース

 

例 : 品質課題が発生した時の極端なケース

営業ー感情的、管理(技術・品証・生産管理等)ー論理的な場合

注:実際にあった話です。

 

山田係長
山田係長

顧客が困っているから、早く技術者の誰かを顧客に行かせてください

 

 

まず、原因と対策を調査して、その後に対応を行いましょう

 

 

山田係長
山田係長

そんな事を言っても顧客は待っているんです

 

 

行っても原因がわからなければ、対策が打てないので行くだけ無駄ではないでしょうか内容を入力してください。

 

 

山田係長
山田係長

このままでは顧客をなくすし、早くいかないと莫大な費用を請求されるますよ

それは営業で防ぐよう、顧客に行ってください

 

山田係長
山田係長

それじゃ、顧客は収まらないですよ

 

顧客を抑えるのは営業の仕事です

 

山田係長
山田係長

営業じゃ説明できないから誰かを訪問させてください

 

問題は原因と対応策がわかれば、顧客に行かなくても対応は終わってます

山田係長
山田係長

あほか

話にならないですね

 

 

上記は極端な例ですが、似たようなケースがあるのではないでしょうか。

感情的な営業から見れば、管理は嫌な人に見えますが、会社においては、ルールや論理的な思考を教えてくれる管理は重要です。

論理と感情の良いバランスを持てば、営業として更に成長し、営業成績も上がります。

 

論理的な考え方と良い感情を持つ方法

 

的確な論理性と良い感情力を同時に持つ事が大切です。

 

このバランスを持つには、自分への投資(教育)が大事です。

しかし、教育には順番があります。

良い教育の順番の例を紹介します。

 

1 最初に新聞や経済紙・経済週刊誌を読みます。
まず、知識の習得です。
2 経理関連とマーケテイングの勉強をします。
知識の習得と会話の向上
マーケテイングを学ぶと顧客や上司と、上手く会話が出来るようになります。
3 経済学者の講演会に行きます。
論理的な話し方と人を引き付ける話し方の学習です
4 自己啓発本を読みます。
例:「斎藤ひとり」さんの本はモチベーションがアップし、ストレス解消方法がわかります。

精神力の強化とストレス解消の方法を学びます
5 歴史本を読みます。
例:「司馬遼太郎」さんはお薦めの歴史本です。
他には「塩野七生」さんの「ローマ人の物語」も人間性が向上します。

自分の考え方の向上と、人間性の成長を行います

 

この5つを順番に行う事により、バランスがいい行動や発言が出来るようなります。 

論理的な話し方と熱意を持った営業マンになりましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
展示会で疲れない靴

・1日広い展示会場を歩いても、ブースに立っていても
 足が疲れない
・展示会は年に数回しかないので、家計に優しい靴 
 = 家族に購入の了承を得る事ができる
・展示会は人に見られるので、見た目もかっこいい 
  = 恥ずかしくない
・せっかく購入するのなら、展示会以外でも使える
・展示会意外にも使えるメリットも?

上司・部下・同僚
スポンサーリンク
725mkをフォローする
サラリーマン営業のスペシャリスト  725mk