展示会で疲れない靴

・1日広い展示会場を歩いても、ブースに立っていても足が疲れない
・展示会は年に数回なので、家計に優しい靴  = 家族に購入の了承を得られる
・展示会は人に見られるので、見た目もかっこいい  = 恥ずかしくない
・せっかく購入するのなら、展示会以外でも使える
・展示会意外にも使えるメリットも?

詳細の説明記事はこちらです

毎月の売上の精度を100%±5%に向上する方法

always 100% 受注売上

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

売上の精度を向上させる方法

 

毎月の売上が延期されたり、多くなったりする事はないでしょうか。よく、上司は売上の精度を月初の見込に対して、100%±5%に精度を上げなさいと言う事があります。

売上精度を上げる方法を下記に述べてみます。
まず、精度が出ない理由を考える事が重要です。

当月の売上に対して、月初の見込が変動する理由

 

・顧客が予定した納期の注文を延期する場合
・生産管理が予定通り、製品を出荷出来ない場合
・当月納入した製品に品質問題が発生した場合
・売上を上げる業務書類や、システム処理を間違えた場合、もしくは、忘れる場合
・注文がキャンセルになった場合

 

 

次に考える事は、売上精度の前提になる当月売上予測に必要な項目です。

当月売上の予測項目

 

a. 前月末の受注残の台数や金額を把握し、当月売上の売上予定台数と金額を知る
b.当月受注し、当月売上を行う場合は、予め、見積提出済みの見積から、このケースの台数や金額を予測する

a+bが通常の当月売上になります

 

以下はマイナス売上になる項目です

c. 自社の納期遅れ
d. 顧客の納入延期
e. 自社、もしくは顧客の品質問題発生
f. 注文キャンセル

このc.d.e.fを如何に影響を小さくするかが売上精度を上げる大きなポイントになります。
更に、もう一点、

g.翌月の受注分の早期売上がプラスされる場合もあります。

 

これをまとめると

当月売上の予測は{a+b−c−d−e−f+g}が数値になります。

当月の売上予測の算出方法

 

上記のb.d.e.fは予測がつかない場合が多く、経験則から、求めなくてはいけません。

また、gは最後に考える事です。

そのため、当月売上予測の基本はa.cになります。更に、安心を求める場合は次の項目を外してください。

h.  当月の月末で、自社の納期や顧客の納入延期等のリスクを考えて、月末の売上金額を外します。

これが当月売上の予測精度を上げる一番の方法です。但し、この予測では、売上計画に対して、不足する場合が多々あります。その場合は、上司に対して、確実な売上予測を提出し、プラス売上として、b.g.hを小出しにして報告をしましょう。

 

 

売上精度も100%を目指しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
展示会で疲れない靴

・1日広い展示会場を歩いても、ブースに立っていても
 足が疲れない
・展示会は年に数回しかないので、家計に優しい靴 
 = 家族に購入の了承を得る事ができる
・展示会は人に見られるので、見た目もかっこいい 
  = 恥ずかしくない
・せっかく購入するのなら、展示会以外でも使える
・展示会意外にも使えるメリットも?

受注売上
スポンサーリンク
725mkをフォローする
サラリーマン営業のスペシャリスト  725mk