展示会で疲れない靴

・1日広い展示会場を歩いても、ブースに立っていても足が疲れない
・展示会は年に数回なので、家計に優しい靴  = 家族に購入の了承を得られる
・展示会は人に見られるので、見た目もかっこいい  = 恥ずかしくない
・せっかく購入するのなら、展示会以外でも使える
・展示会意外にも使えるメリットも?

詳細の説明記事はこちらです

サラリーマンの働き方

サラリーマンの働き方、考え方の記事を紹介しています。

サラリーマンの働き方

会社や職場で派閥は必要なくなります。入っても無駄です。

会社や職場での派閥争いは嫌なものです。派閥に入る必要も今後はありません。無駄です。派閥に入った苦労だけ大変になります。派閥は「一緒に行動する集団」ですが、今後は別の形のサロンのような集団が必要とされます。派閥は忘れましょう。
サラリーマンの働き方

30代男性の仕事と家庭の両立の悩みを解決!ずばり「線を引く」こと

30代になると急に仕事が忙しくなり、仕事と家庭の悩みを持ちます。 この悩みの原因は同じです。この悩みを解決するには、妄想をすて、仕事の線を引くことです。
2018.10.08
サラリーマンの働き方

会社員がプロ意識を持つには、社員の「稼業」をしている気持を持つ

会社員はプロ意識を持ちにくいと言われていますが、考え方一つで、プロ意識を持てます。この原因は得意分野の仕事を会社都合で行えない場合があるからです。会社員もプロ意識を持つために「社員稼業を実践する」事で、会社員という自営業者を営み、プロ意識を育てます。
2018.09.21
サラリーマンの働き方

ダイバーシティ!会社・職場で必要な「多様な人材の活用マネージメント」

将来、日本は労働人口が減る事により、会社は多様な人材を活用する環境や制度を整える必要があります。このマネージメントを「ダイバーシティ」と呼びます。人のライフイベントに沿って、働きやすい環境を作る事がこれからの企業に求められます。
2018.09.21
サラリーマンの働き方

真似るは学ぶ事。新人・新職場で使える「まね!テクニック」

真似る事は学ぶ事です。特に、新入社員や、新しい職場に入った会社員は、上司・先輩・同僚を「まねて」自分の成長につなげる事が出来ます。この「真似て」⇒「学び」⇒「成長する」テクニックを公開します。まねる事は良い事です。
2018.09.23
サラリーマンの働き方

「業務引継書」を今すぐ書いて、仕事力を上げる方法

営業は引き継ぎもないのに、引継書を書く。今すぐ引継書を書く理由は、引継書を作成することにより、今の自身の仕事の課題が何かわかります。引き継ぎ書の簡単なフォーマット入り。また、急な配置転換のケースも、引継者に迷惑を掛けずスムーズに引継が出来ます。引継書を毎月更新する事により仕事が自然に出来る人に変身できます。
2018.10.27
サラリーマンの働き方

 通勤ルート・方法を変更し、変化に強くなる小技。

変化に強くなるためには、小さな変化から行う事が大きな変化に繋がります。会社員であれば、通勤は単調になりがちなので、通勤経路を少し変える事により、発想が変ったり、いつもの自分を見直す事も出来ます。
2018.11.24
サラリーマンの働き方

会社の机が汚いタイプは仕事が出来ない?

会社の机が汚い人は仕事ができるのでしょうか。まず、デスクが汚い人は2種類のタイプがあります。 1つ目は、「デスクの上の書類などを片付けていない、整理が出来ていないタイプ」です。 2つ目は、「整理出来ていない見た目だけでなく、机が机の上から引き出しまで汚れているタイプ」です。 このタイプで、時折、ダントツに仕事が出来る人がいます。
2018.10.06
サラリーマンの働き方

5年後の将来像は、偶然の必然性で達成出来るが、少し違った結果になる

5年後の会社での自分の姿を想像する事は会社員にも必要なことです。偶然の必然性を使って、達成させます。まず、5年後には2段階出世している、海外で大活躍している、その道のプロフェッショナルとして業界で有名になる等の想像をします。
2018.09.02
スポンサーリンク