名言・ことわざ・格言を仕事に活かす

スポンサーリンク
サラリーマンの働き方

仕事で天狗にならないために、視野を広げる方法は2つ上を見る

天狗になる。絶好調の時は、天狗になりがちです。天狗になる前に、視野を広げます。視野を広げる方法は簡単です。会社であれば、2つ上の役職になったつもりで、考え行動する事により、視野は広がります。
名言・ことわざ・格言を仕事に活かす

転ばぬ先の杖! 法人営業は万が一の準備を行うため「リスクと機会」を知る。

「転ばぬ先の杖(つえ)」と言うと、「保険」を持つという言葉を思い浮かべます。個人的に「保険」に入るなど「転ばぬ先の杖」を準備しますが、会社の業務では「転ばぬ先の杖」は何を準備するのか、わからない。もしくは準備をしません。その準備の内容を法人営業の例で学びます。
名言・ことわざ・格言を仕事に活かす

石橋を叩いて渡る性格の人は、仕事でリスクを回避する能力がある

石橋を叩いて渡る人は、用心深く、行動を、しない人と皮肉で言われる事もありますが、現代の仕事においては必要な人です。  それは、リスク回避・低減能力が高い性格の人です。
名言・ことわざ・格言を仕事に活かす

当たって砕けろの性格の人は、仕事でリスクを取る決意がある人

「当たって砕けろ」の言葉は一見、負けるイメージがあります。しかし、意味は逆で、「当たって砕けろの性格な人は」  困難な事でも、リスクを取り、行動力があり、決意を持てる人です。例題からこの性格の良さを知ります。
名言・ことわざ・格言を仕事に活かす

早起きは三文の徳 !早起き仕事術で業務を終了し早く退社する

「早起きは三文の徳」の意味は、早く起きることで体調がよく、仕事もはかどり、わずかです、が何か良い事があって得をする時と言うたとえです。この例えを仕事に活かします。早く起きる事で、効率的に仕事の準備や、複雑な業務を解決できます。
名言・ことわざ・格言を仕事に活かす

初めて部下を持った時「やってみて、言って聞かせて」の名言を実践する

人材育成の名言。山本五十六の「やってみて、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」の使用する目的とその効果。また、この名言を補完する名言として、松下幸之助の「任して、任さず」を使い、部下を成長させると共に、事業の成長を行います。
名言・ことわざ・格言を仕事に活かす

急がば回れ!意味はリスクを減らし目的を果たす事です。

急がば回れの本当の意味は「リスクを減らし目的を果たす」です。仕事に使える事例集から、急がば回れを通じ、仕事を更に上手くいかせ、自身を成長させます。また、類義語の「急いては事を仕損じる」との意味の違いを説明します。
名言・ことわざ・格言を仕事に活かす

座右の銘!「神は天にいまし、すべて世はこともなし」

座右の銘を持つことは、「心のよりどころ」になります。また、迷った時の判断基準になる言葉です。一つの言葉で幸せな人生をおくる事が出来ます。私の座右の銘 「神は天にいまし、すべて世はこともなし」です。これは赤毛のアンにもエヴァンゲリオンにも登場する言葉です。
名言・ことわざ・格言を仕事に活かす

仕事に活かす!ことわざ・名言・格言の事例集からチャンスを掴む

仕事に使える「ことわざ・格言・名言・慣用句」の会社生活での使用方法集。 石の上にも三年、時は金なり、百聞は一見に如かず、渡りに船等の有名な言葉を理解し、仕事に活かします。
名言・ことわざ・格言を仕事に活かす

石の上にも三年! 仕事や転職の3年の本当の意味とは?

「石の上にも三年」の三年に期間は目安です。仕事で悩み、転職を考えている場合は、「仕事の習得期間の方程式」を知り、適切なタイミングで実践します。仕事の習得までの期間、自分に仕事が合っているかの比率、継続(忍耐)出来る期間から算出出来ます。
スポンサーリンク