展示会で疲れない靴

・1日広い展示会場を歩いても、ブースに立っていても足が疲れない
・展示会は年に数回なので、家計に優しい靴  = 家族に購入の了承を得られる
・展示会は人に見られるので、見た目もかっこいい  = 恥ずかしくない
・せっかく購入するのなら、展示会以外でも使える
・展示会意外にも使えるメリットも?

詳細の説明記事はこちらです

 変化に強くなる技。通勤方法やルートの変更をしてみる

通勤の仕方 サラリーマンの働き方

 

変化に強くなるための、小技紹介です。

 

通勤ルートを見直して、小さな変化を行ってみる。
すると、不思議なことに大きな変化に対応できます。

 

新入社員 仁
新入社員 仁

山田さんねえ、通勤って単調ですね。近い職場が良かったです。

山田係長
山田係長

そうか、仁は通勤時間が1時間半かかるんだっけ。

新入社員 仁
新入社員 仁

そうなんですよ。この時間が無駄です。

山田係長
山田係長

無駄じゃないよ。スマホみたり、勉強したり、やる事は一杯あるよ。

新入社員 仁
新入社員 仁

そうですけど、本当に通勤はつまんないんですよ。

安岡部長
安岡部長

仁。通勤は自分を強くする最高の時間やわ。

山田係長
山田係長

何ですか、その強くなるって。また訳の分からない発言ですね。

安岡部長
安岡部長

変化に強くなれるってことだよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

変化に強くなる方法の一つ : 通勤方法の変更

 

普通の通勤の過ごし方

 

通勤は辛い時もあれば、楽しい時もあります。

電車が混雑していたり、隣に匂いがひどい人がいたりする時は、嫌なものです。

逆に、気持ちのいい朝で、電車が空いていれば嬉しくもなります。

 

新入社員 仁
新入社員 仁

電車の窓から見える富士山はうれしいですね。
新幹線通勤は結構うらやましいです。

 

 

通勤の時に勉強をするといいとよく言われます。

確かにその通りですが、通勤時にその日の仕事のイメージを描いてみると、気持ちが整理でき、その日上手くいくことが多くなります。

 

実際に体を動かすことなく、動いている自分を思い描くことによって技術や戦術を向上させるもの。
イメージを思い描くことで、実際に動くときに集中力を高めやすく、また、雑念を払うのに役立つと考えられている。
一部の運動野は実際に運動するよりもイメージのほうがよく働くというデータが示されている。

引用:WIKIPEDIA   イメージ・トレーニング

通勤は単調になりがちなので、通勤経路を少し変える事により、
発想が変ったり、いつもの自分を見直す事も出来ます。

 

通勤の仕方を変えてみる

 

いつも、同じ電車で同じ車両に乗るといつもと同じ人を見かけますね。

この同じを人を見ないことから、通勤が変ります。

 

・定期圏内で電車の線を変更する
・電車の車両を変える
・いつもの座る席を変える
・電車で立つ側を反対に代えてみる(景色がかわります)
・電車の時間を変える 一本電車を早くする、遅くする
・バスの人も電車と同じですが、停車するボタンを押すとか、いつもと違うボタンを押す

 

 

少しでいいので、通勤のルートを変えて見ると気持ちが楽しくなってきます。

楽しくなってきたら、チャレンジ精神が向上しています。

 

この僅かな通勤の変化に対応出来る事は、仕事でも変化に対応しやすい体質を作ります。

変化に強くなるには、些細な変化に慣れる事により、より大きな変化に対応できるようになります。

 

山田係長
山田係長

通勤変更はいいけど、会社の遅刻には気を付けてね。

通勤ルートの変更で、気をつける事は、時間に余裕がないと、乗り換えや、逆の電車に間違えて乗ったりと遅刻のリスクが高まる事です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
展示会で疲れない靴

・1日広い展示会場を歩いても、ブースに立っていても
 足が疲れない
・展示会は年に数回しかないので、家計に優しい靴 
 = 家族に購入の了承を得る事ができる
・展示会は人に見られるので、見た目もかっこいい 
  = 恥ずかしくない
・せっかく購入するのなら、展示会以外でも使える
・展示会意外にも使えるメリットも?

サラリーマンの働き方
スポンサーリンク
725mkをフォローする
サラリーマン営業のスペシャリスト  725mk