スポンサーリンク




転職サイト、エージェント会社に注意する事

記事が気に入ったらシェアをお願いします

新人 仁さん
山田さんねえ、以前、今の仕事に悩んだら転職サイトに登録をするって言ってましたよね。

転職を考えるが、出来ない人の悩みを解決する方法

山田係長
安岡部長が言ってたな。仁は転職していいよ。
新人 仁さん
山田さん、そんな冷たい事言わないでくださいよ。
山田係長
じゃあ、なんで聞くの。
新人 仁さん
転職サイトに登録したんですけどね、転職サイトからの営業がどうも、うさんくさいんですよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

転職サイト 転職斡旋会社に注意する事

山田係長
そりゃ、転職サイトも営業しなくてはいけないから、少しは営業らしい事をいうよ。出来ない営業ならうさんくさいんじゃない。
新人 仁さん
じゃあ、何を注意すればいいんですか。

転職サイトはどのように利益を稼ぐか

山田係長
まずね。転職サイトの稼ぎ方を知っていなくてはいけないよね。

・ 転職サイトを通じて、転職が出来れば、転職先の会社より転職サイトの報酬がもらえます

・ 転職サイトによっては、転職者より、「いい情報」「隠された転職先」などと言い、
  転職希望者から会員料金を徴収する。

山田係長
これが、代表的なパターンかな。

新人 仁さん
じゃあ、どうやって転職会社との対応を行えばいいんですか。

転職サイトに注意すること

山田係長
簡単だよ。別に転職サイトは悪いわけではないよ。
新人 仁さん
じゃあ、何を基準に接すればいいですか。

・ 自分の希望と違う職種を盛んに進める場合は注意

山田係長
これはね、営業と同じで、在庫がある場合によく使われるのよ。つまり、転職先の会社から転職サイトに応募が少ない場合に、早く人材の応募を要求している場合だね。

新人 仁さん
確かに、応募会社の在庫ですね

・ 自分の年収から、下がる場合や同じ場合の年収を提案している場合は注意

山田係長
これも上と同じで、早く転職者を決めたいから、転職希望者の気持ちを考えない場合が多いよね。

山田係長
この時の注意は、「応募先は素晴らしい会社で、良い経験になるよ」と必ず言われる場合は、応募先の会社を、いろんな人に聞いて、見極めてね。

良い転職サイト・会社を見極める方法

新人 仁さん
じゃあ、いい転職サイトや転職会社の見極め方を教えてくださいよ。

・ 応募先を決める前に、転職会社の担当が会ってくれる会社

山田係長
まずね、本当に親身になってくれる会社は、履歴書や職務経歴書だけで、右から左へ書類の渡しでは終わらないよ。

山田係長
実際に転職会社の人が会ってくれて、本当に自分にとって応募先が合うかどうかを教えてくれる会社や人だよね。

・ 今の年収より上げる応募先の会社を紹介する会社と人

山田係長
これは、うれしい事だよね。転職は環境や会社の文化などのリスクがあるから、年収が上がるのであれば、リスクが軽減されるよね。

・ 年収の説明で、賞与やボーナス分が何ケ月含まれており、最近の実績は何ヶ月と
  言ってくれる会社や人

山田係長
これが意外と盲点だよね。実際に年収が上がると思って応募先の会社に入社しても、評価基準があって、その評価が悪ければ、実際には年収が下がる場合もあるよ。

キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

新人 仁さん
山田さん、ありがとうございます。転職活動がんばります。

山田係長
上司に堂々と言うなよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事が気に入ったらシェアをお願いします

フォローをお願いします