スポンサーリンク




渡りに船!ラッキーの意味を知り、運が良くなる方法

記事が気に入ったらシェアをお願いします

 

渡りに船:ラッキーになる方法

「ラッキー」はよく起こります。

思って行動しただけで、起こります。

世の中には「渡りに船」はいくつもあります。

では、ラッキーの方程式とは?
ラッキーの
真の意味とは何かを知り、ラッキーになる!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

渡りに船とは

どうやってこの川を渡ろうかと考えていたときに、都合よく目の前に船が漕ぎ寄せてきた、ということから。
「渡りに船を得る」ともいう。
「船」は「舟」とも書く。

引用:故事ことわざ辞典渡りに船

仏教の法華経が由来で、ずばり、ラッキーという意味です。

また、運が良い、縁起が良いの意味にも使われます。

渡りに船の背景を考える? 

この渡りに船の前後の物語(想像)から「ラッキーな人」になる背景とは?

【むかしむかしの時代】

船を見付ける前 : 

追手に追われている。追手から2日間山を越えて逃げてきたが、目の前に泳いでも渡れない川がある

目の前に船が来た!

船を見付けた後 : 

船に乗り、無事川を越えた。追手は船がないので、追ってこない。

これで危機を乗り越えた。

【現代のよくある話】

ある大雪の日、会社からバス・電車を乗り継いで帰らなくてはいけない。

バスはこの大雪でいつくるかわからない。

とりあえず、10分かけて、バス停まで歩いてみよう

バス停についたとたんに

目の前にバスがきた!

駅について、電車もすぐにきた(実際は発車時間は遅れている)

「渡りにバス」

この二つのラッキーとも、ラッキーを得るまでには、自分で行動しています。

昔話は2日間山を歩く、現代の話は10分雪の中を歩く。

つまり、一般的にラッキーは行動の後についてきますが、その前にラッキーについて、考えなくてはいけない事があります。

渡りに船は本当にラッキーだろうか?

ラッキーを考える前に、上の例でも、渡りに船の意味でも、困った時(後)に、ラッキーがあったという事です。

つまり、困った事がある事がラッキーか?

という疑問になります。

どちらかと言うと、アンラッキーであったが、最後にラッキーだったという事ではないでしょうか。

まるで、シェイクスピアの「終わり良ければ総て良し」です。

終わりよければすべてよしとは、物事は最終の結末がもっとも大事であり、途中の過程は問題にならないということ。

引用:故事ことわざ辞典終わり良ければ総て良し

ラッキーの分類

では、ラッキーになる方法を考える上で大事な、ラッキーの分類をしてみます。

① 何もしていないのに、ラッキーが起こる

・一番代表的なのは、宝くじが当たった

・ビンゴ大会で1位が当たり、プレゼントをもらった

・営業活動をしていて、前任者から引き継いだ翌月に売上が2倍になった

・飛行機に乗る時に、エコノミーだったが、勝手にビジネスにアップグレードされた

このケースは実際には何もしていないわけではなく、正確には少しだけ行動をしています。

*宝くじも購入しないと当たりません

「何もしていないのに起こるラッキー」のまとめ:

ほんの少しの行動 ⇒ 大きな対価が得られる ラッキーです

② 困った後に、救われるラッキーが起こる

・いわゆる渡りに船

・難病の病気になったが、治療法が見つかり、完治した

・会社を嫌になり、辞めたいと思った時に、転職サイトに登録すると、直ぐに、今より良い会社に入社できた。

キャリアアドバイザーの親身で丁寧なサポート【パソナキャリア】

・大事な会議や、面接の日に、寝坊をして遅れそうになったが、電車も遅れて、たまたまホームに着いた時に電車が来て、間に合った。

「困った後に起こるラッキー」のまとめ:

行動+祈る ⇒ 困った事を帳消しにする ラッキー

③ いつもラッキーが起きている

・いつも自分が外に出ている時は雨が降らない
 ⇒ 毎日がそうではないが、複数回、雨が降っていたのに、外にでると雨が止んでいたを経験すると、いつも雨が降らないと思います。

・何をやっても1番になる
 ⇒ 1番になった事だけを覚えている。

・周りからいつも親切にされる
 ⇒ いつも周りに親切にしているため、その親切が自分に返ってくる。

・困った事がない
 ⇒ 他人は困ったと考える事でも、自分は困ったと思わない性格。

この様なラッキーな人は「いつも自分はついていると思っています」

しかし、ラッキーを意識はしていません。

潜在意識の中で思っています。

何故なら、その人には当たり前の事だからです。

「いつもラッキー」のまとめ:

潜在意識で思う+行動 ⇒ 自分ではあまり意識をしていないラッキー

ラッキー分類のまとめ

①のラッキーが普通に考えるラッキーです。

②のラッキーはラッキーとは言えません。

③のラッキーが正真正銘のラッキーで、最高のラッキーになります。

③は自分で出来るラッキーです。

ラッキーの真の意味は? ラッキーの方程式は?

ラッキーの真の意味は「相対比較の結果、良かった事です」です。

特に、自分の「行動した事」、「いつも思っている事」、「祈った事」を自分が対象としている人や事柄に関して、相対比較を行った結果を意味します。

もしくは、過去の自分と比べての相対比較になります。

例えば、営業の仕事であれば、過去の自分は、なかなか受注が取れなかった。

顧客を何度も訪問しているうちに、ラッキーな受注が取れた。

すると、嬉しくなり、訪問回数を増やします。

その効果で、更に大きなラッキーな受注が取れました。

この場合、ラッキーな受注とはいくらの受注なのか?

おそらく、過去の自分の受注実績と比べている事が多く、過去の実績より多く、

過去より、自分で努力していないと思えば、ラッキーと感じます。

* 「受注」を自分の興味のあることに置き換えれば、自分で創造出来ます。

つまり、ラッキーの方程式は

ラッキー = 


自分の努力が少ないと感じている時に

< < <  

過去の自分、他人との比較の評価で、自分が思っているより上がった事

このポイントは自分は実際には努力をしていますが、自分では努力が少ないと思える事です。

楽しい事であれば、努力を感じないので、ラッキーを多く感じられるのと同じです。

ラッキーになる方法

ラッキーの方程式を使って、ラッキーになるには?

ラッキーの元となる、相対比較の対象を徐々に上げて行くことです。

相対比較: 過去の自分、他人との比較

例えば、ゲームでもレベルアップがあります。

最初は、レベル2までいこうと考えて達成すると、次はレベル4までと目標を上げていきます。

相対比較する対象を低くしていると、大きなラッキーは起こりません。

ゲームのレベル2でいいやと思うと、レベル2までしかいきません。

途中で辞めてしまいます。

また、いきなり大きな相対比較をすると、「実現性が乏しいと」、脳は理解し、実現出来ません。

ゲームのレベルが1なのに、レベル100をいきなり達成しようとしても無理と感じますよね。

つまり、比較の対象を少しずつ上げることにより、ラッキーが生まれ、何度もラッキーを感じる事が出来ます。

ラッキーを何度も感じられれば、「いつもラッキーが起きている」状態になります。

ラッキーが癖になると、自然と無意識に行動し達成し、真のラッキーになります。

まとめ

1、渡りに船とは    : ラッキー
2、ラッキーを得る背景 : 自分で行動をしている
3、ラッキーの分類   : いつもラッキーが起きているが最高
4、ラッキーの真の意味とは : ラッキーとは相対比較
5、ラッキーになる方法 : 
  相対比較の対象を上げて、ラッキーに慣れる
 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事が気に入ったらシェアをお願いします

フォローをお願いします