展示会で疲れない靴

・1日広い展示会場を歩いても、ブースに立っていても足が疲れない
・展示会は年に数回なので、家計に優しい靴  = 家族に購入の了承を得られる
・展示会は人に見られるので、見た目もかっこいい  = 恥ずかしくない
・せっかく購入するのなら、展示会以外でも使える
・展示会意外にも使えるメリットも?

詳細の説明記事はこちらです

覚悟を決めることが出来ない原因を知り、覚悟を持つ方法

覚悟を持つアイキャッチ画像 名言・ことわざ・格言を仕事に活かす

 

覚悟の言葉の効果: 覚悟を持つと、全てが達成・完了します。

 

簡単なことですが、人はなかなか この覚悟を持てません。

何故なら、覚悟をすることは変化を受け入れるため、ふんぎりがつきません。

 

大きな期待がある時、将来厳しいことがある時は「覚悟を決めて、覚悟を持つ」だけで、

90%は達成し、終わります。

 

達成する人

 

覚悟を持てない原因と覚悟を持つ効果をご紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

覚悟とは

 

覚悟の意味は?

1 危険なこと、不利なこと、困難なことを予想して、それを受けとめる心構えをすること。
「苦労は覚悟のうえだ」「断られるのは覚悟している」
2 仏語。迷いを脱し、真理を悟ること。
3 きたるべきつらい事態を避けられないものとして、あきらめること。観念すること。
「もうこれまでだ、と覚悟する」
4 覚えること。記憶すること。

引用:コトバンク   覚悟

 

覚悟の意味は、迷いを脱し、観念して、行動する事です。

類似した言葉は、四字熟語で「一念発起」、仏教の用語で「不退転の覚悟」があります。

 

覚悟は、悪い時に使う意味と思われがちですが、良い時にも使います。

また、覚悟を持つというと、スポーツ選手や有名人が過去の大きな出来事や、これからの出来事を語るようなイメージがあるかもしれませんが、普通の私たちも全く同じです。

 

スポンサーリンク

何故、覚悟が持てないのか。

 

覚悟が持てない理由は大きくは、3つあります。

 

1つ目は、覚悟を持つことが、面倒くさい、おっくうだ、疲れる
2つ目は、覚悟を持とうと思っても、行動に踏み切れない(本当の覚悟ではない)
3つ目は、成功体験がないため、覚悟の本当に力を信じられないと思っている

 

1、覚悟が出来ない理由

 

・選択を行わなくてはいけない
・選択の結果、変化が起こることが怖い
・あなたは対象となる物事を行うことが出来ないと思っている
・覚悟をしても、目の前の事は何もかわらないと感じている
この根本の心の原因は
悪い時が予想される前の場合
・焦り
・恐怖感
・先の事がどうなるか不安
・考えすぎて疲れた
不安 焦る人
良い時に挑戦する前の場合
・期待される不安
・失敗するのではという気持ち
・緊張する
・私に本当に出来るのか 自信がない

 

緊張する人

 

 

2、覚悟をして行動しようと思っていても、心が迷う理由

 

 

1の覚悟が出来ない心を何とか抑え、心の中で覚悟を持とうと決めても、なかなか行動におこせません。

その理由は?

迷う人

覚悟を持たなくてもいいんじゃないか?

と思うあなたの心の奥(潜在意識)に原因があります。

 

・奇跡が起こるかもしれないと勝手に思う
・逃げれば、もしかしたら、何とかなるんじゃないかと思う
・私がしなくても、誰かがやるんじゃないかと思う
・覚悟をもたなくても、結果は同じだから、あんまり気合を入れたくない

 

 

覚悟が出来ない理由や心が迷う事は、成功体験を持って入れば、覚悟を持つことに迷いません。

経験は覚悟を持つ上で、重要な事柄になります。

 

3、成功体験がないため、覚悟を持つことに踏み切れないと勘違いしている

 

成功体験がないと先には進めないと言われています。

確かに、成功体験があると、一度覚悟をしたことがあるので、覚悟を持ちやすくなります。

ここで、誰もが、「成功体験がないんだからどうやって覚悟を持つのかわからない」と思います。

 

成功イメージ

 

しかし、成功体験のない人はいません。

 

誰もが持っている成功体験の例:

 

・小さい頃に初めて立つことができた
・小学校になり、初めて自転車にのれた
・受験を受けた。受ける事がチャレンジで、不合格でもそれまで勉強をした事実がある
・バイトや就職等で初めてお金を稼いだ

 

そう、誰もが成功体験はあります。

子供の頃に、初めて立つ時は、「大きな覚悟」を持って立ったはずです。

その時の意識がないため、成功体験に基づく、「覚悟を持つ」事が苦手になっています。

 

また、成功体験を今悩んでいるフィールド(事柄)だけで考えているからです。

 

例えば、会社の仕事で、売上を2倍に上げるよう上司から言われた場合に、成功体験がないから出来ないと勘違いします。

成功体験は、あるフィールド(事柄)ではなく、人生の中での経験です。

 

スポンサーリンク

覚悟を持つ効果

 

覚悟を持てば、次の効果があります。

 

・やるしかないので、あなたが思っている100%以上の能力を発揮できる
・迷いがないので、ターゲットの物事に集中できる
・出来るという、不思議な自信がわいてくる
・やる気のあるオーラができ、不思議と周りが協力してくれるので、上手く行きます

 

そう、覚悟を持てばすべてが上手く行きます。

 

会社の営業の例で言えば

上司より、「来月は売上を120%上げること」と言われたとします。

覚悟を持つと

 

・ひたすらに売上を上げることを考え、考えたことを行動します
・一生懸命に営業活動をします
・その内、不思議なことに、良いアイデアが出ます
・ひたむきなあなたの姿を見て、周りが協力してくれます

 

その結果、目標を達成できます。

 

仮に、売上が110%で目標が達成できなかったとしても、効果は継続します。

 

・仕事が出来る人だなと思われます
・周りからいつも協力を受けます
・結果、昇格したり、ボーナス評価が高くなります

 

覚悟を持てば、全て上手くいきます。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

覚悟を持つ意味は、迷いを脱し、観念して、行動する事です。
覚悟が持てない理由は大きくは、3つあります。
1つ目は、覚悟を持つことが、面倒くさい、おっくうだ、疲れる
2つ目は、覚悟を持とうと思っても、行動に踏み切れない
3つ目は、成功体験がないため、覚悟の本当に力を信じられないと勘違いしている
覚悟を持つ効果
・迷いがないので、ターゲットの物事に集中でき、普段の100%以上の能力を発揮できます
・不思議と周りが協力してくれるので、上手く行きます
挑戦する事、悩む事があれば、覚悟を持って挑戦しましょう。
仕事に活かす!ことわざ・名言・格言の事例集からチャンスを掴む
仕事に使える「ことわざ・格言・名言・慣用句」を会社生活で活かせる事例集を紹介しています。 部下を初めて持った時に知る言葉や、視野を広げるための格言等があります。 また、石の上にも三年、時は金なり、百聞は一見に如かず、継続は力なり等の有名な言葉も紹介しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
展示会で疲れない靴

・1日広い展示会場を歩いても、ブースに立っていても
 足が疲れない
・展示会は年に数回しかないので、家計に優しい靴 
 = 家族に購入の了承を得る事ができる
・展示会は人に見られるので、見た目もかっこいい 
  = 恥ずかしくない
・せっかく購入するのなら、展示会以外でも使える
・展示会意外にも使えるメリットも?

名言・ことわざ・格言を仕事に活かす
スポンサーリンク
725mkをフォローする
サラリーマン営業のスペシャリスト  725mk