展示会で疲れない靴

・1日広い展示会場を歩いても、ブースに立っていても足が疲れない
・展示会は年に数回なので、家計に優しい靴  = 家族に購入の了承を得られる
・展示会は人に見られるので、見た目もかっこいい  = 恥ずかしくない
・せっかく購入するのなら、展示会以外でも使える
・展示会意外にも使えるメリットも?

詳細の説明記事はこちらです

絵に描いた餅!計画通りに物事を達成する方法

餅 名言・ことわざ・格言を仕事に活かす

 

絵に描いた餅のことわざを仕事に活かすポイント:
計画を作成し、継続をすることにより目標が達成します。
継続できるかどうかは数字でわかります。100,80,20,10,5とは?

 

計画や目標を達成するには、計画作成時点で物事の80%が達成します。

絵に描いた餅にならないための、残りの20%とは何か!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

絵に描いた餅とは

 

・現実には全く役に立たない事。
・成功する見込みがない事
見栄えはいいが、本物ではないため、値打ちがない事

 

等の意味で使われていますが、絵に描いた餅が、必ずしも悪いとは思いません。

 

最初に、絵を描かないと(=計画)、ビジネスや自分の行動であろうが、
スタートできません。

 

但し、絵の描き方(=計画の作成)が間違えた場合に、
「絵の中の餅」になってしまいます。

 

計画作成の方法

 

計画を作成・立案する事が計画達成の一番の近道です。

ことわざの「見栄えはいいが、本物ではないため、値打ちがない事」の意味は計画が
本物でないという事です。

裏を返すと、計画が本物であれば、「値打ちがでる」ということになります。

 

ビジネスでの販売計画作成の本物と偽物を見てみます。

 

スポンサーリンク

販売計画作成の事例

 

命題を、「1人の営業マンが月に1,200万円の売上を行う計画の作成」と仮定します。

これまでの平均月の売上が900万円とします。

職種:車のディーラーの営業マン
1台の平均単価300万円とする

 

本物ではない計画作成

 

・先月までの平均売上が900万円であったので、+1台売るだけなので
今回からは1,200万円を計画する
・最近の売上が昇り調子なので、1,200万円の計画をする
・大口の顧客があり、来月以降購入してくれる予定のため1,200万円を計画する
・上司が1,200万円の計画の指示があったため、計画をする

 

この4つの計画策定方法は、何の根拠もなく、気分次第で計画を作成しています

特に、経験則や感に基づいた計画作成は「絵に描いた餅」になります。

 

この例に不足しているのは、計画を達成させる数値的な根拠がない(薄い)事です。

 

本物の計画作成とは

 

【これまでの売上実績の分析を行います】
・売上実績平均    :900万円
・月の顧客訪問回数  :80回
・月の平均見積獲得件数:20件
・月の平均成約率   :3件
・車の平均単価    :300万円

 

上の値を項目毎の式にしてみます

①1回の訪問の売上金額
= 900万円 ÷ 80回 = 11.25万円/訪問回数
②平均見積獲得率
= 見積獲得件数 ÷ 顧客訪問回数 = 20件 ÷ 80回= 25%
③平均成約率
= 成約率 ÷ 見積獲得件数 = 3件 ÷ 20件 = 15%
④月の売上金額
= 成約件数 X 平均単価 = 3件 X 300万円 = 900万円

 

①~④が基本の数字の根拠になります

 

1,200万円の売上を行うために、何を改善し実践するかを考えます。

スポンサーリンク
【1200万円を売上する改善案とは】

 

改善項目: 単一での改善で1,200万円売上に改善する場合

 

①の改善 訪問回数を増やす
80回 ⇒ 106回必要
1回の訪問の平均売上金額が11.25万円 X 106回 =1,193万円になります
②の改善 見積獲得率を上げる
25% ⇒ 35%に上げる
見積獲得件数は80件 X 35%=28件になります
成約数は 28件 X 15%=4.2台となります
売上金額は 4.2台 X 300万円=1,260万円です
③の改善 成約率を上げる
15% ⇒ 20%に上げる
見積獲得件数は20件 X 成約率20% = 4台
4台 X 300万円 = 1,200万円になります

 

【計画作成時点で改善の案を考える】

 

改善案を計画作成時点で考えます。

改善案は間違っていてもかまいません。
仮定をすることが計画作成時点では大切です

 

① 訪問回数を80回⇒
106回へ行うには
月の平均稼働日が22日の場合
1日あたりの訪問回数を 3.6回 ⇒ 4.8回へ増やす事
1日に訪問する地域を近場に集中させる。つまり移動時間の短縮を行い回数を上げる。

 

② 見積獲得率を25%
⇒ 35%へ上げるには
見積を全ての人に提出をする
そのために、事前に見積書を数十パターンを用意しておき、顧客にあった見積パターンの見積書を提出する
つまり、標準の見積書ではなく、顧客にとっての特別感を感じさせる

 

③ 成約率を15%
⇒ 20%にあげるには
車の価値をアピールする拡販資料を作成しておく
見積と同様に、標準ではなく特別感を表す

例えば、

結婚をしていれば 夫⇒妻(逆もある)へそのまま提出してOKをもらえる資料

独身であれば、車を運転している YOUTUBEを作成し、車に乗っている満足感を持たせる

 

これで、売上1,200万円を計画するための数字的根拠と数字の改善案と具体的な行動案ができます。

 

 

仕事に活かす!ことわざ・名言・格言の事例集からチャンスを掴む
仕事に使える「ことわざ・格言・名言・慣用句」を会社生活で活かせる事例集を紹介しています。 部下を初めて持った時に知る言葉や、視野を広げるための格言等があります。 また、石の上にも三年、時は金なり、百聞は一見に如かず、継続は力なり等の有名な言葉も紹介しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
展示会で疲れない靴

・1日広い展示会場を歩いても、ブースに立っていても
 足が疲れない
・展示会は年に数回しかないので、家計に優しい靴 
 = 家族に購入の了承を得る事ができる
・展示会は人に見られるので、見た目もかっこいい 
  = 恥ずかしくない
・せっかく購入するのなら、展示会以外でも使える
・展示会意外にも使えるメリットも?

新鮮なカキを食べる

名言・ことわざ・格言を仕事に活かす
725mkをフォローする
サラリーマン営業のスペシャリスト  725mk