コミュニケーション

顧客への会話はシュミレーションし、コミュニケーションを上手くする

自分の 考えや、楽しい事は、人と違う事を認識する ために、日頃から性格の異る人と話をする事とで、どの様な場面でも、コミュニケー ションが出来る 練習になります。
2018.09.15
会社員の仕事

企業の必要な人材は、創業期・成長期・安定期・衰退期で異なります

業種・規模・文化の事ではなく、歴史的にどの位置にあるかということを理解することにより、会社がどんな人材を求めているかがわかります。 典型的な歴史的位置とその時の求める人材像を記していきます。
2018.09.24
コミュニケーション

会議の発言と顧客との会話が異なる事を理解する。その差とは?

上司から、営業会議で質問を受けた時は、まず YESかNOの結論を先に回答を致します。例えば、上司が顧客の○○会社の今月の売上は 大丈夫か? と質問があった場合
2018.09.22
受注売上

売上が通常の2倍以上予想される時、営業が必ず行わなくてはいけない事

突然、受注が2倍以上になる場合は、最悪、自社が倒産します。 これは、営業としては、嬉しいですが、1番注意して、営業活動にあたりましょう。 これは、冗談ではなく、本当に注意深く対処をしなくてはいけない事態です。
2018.09.23
営業

営業に自信がない時は70%出来れば合格です、出来ない時は謝ります

一番大事なのは、論理的な事は考えず、自分は出来ると思う事と、出来ないと思う事です。 自分で勝手に70%くらい出来る、30%くらい出来ないと勝手に思いこみます。 そして出来ない事を理解し、改善する事です。改善とは自分の出来ない事を人に行ってもらう事です。苦手な事があっても、近くに得意な人がいるもので、協力して行ってもらえば、仕事がスムーズにいきます。
2018.11.17
受注売上

売上数字アップのための、営業マンが行う基本的な順番

営業が売上をあげるための順番を紹介します 1 まず、売上数字をあげる、 2 次に受注数字を上げる、 3 受注を上げるために見積をする、 4 見積を行うためには、顧客より見積依頼が必要になります、 5 提案を行うためには良い拡販資料が必要です、 6 資料を提案するには、顧客への訪問が必要です、 7 顧客を得るには、新規顧客と既存顧客があります、 8 営業を職種として、担当しなくてはいけません。  
2018.09.14
営業のタイプ

営業タイプと将来像とは!納入・提案・ソリューション型営業

B to B営業の営業手法別のタイプ(段々成長していきます)と、その後の将来像をどのように描くかについて考察します。 最初は納入営業から始まり、提案営業、ソリューション営業に成長していきます。その後、自身の性格により、完成形の営業タイプが決まります。
2018.09.24
顧客

大トラブル発生時に取るべき行動。会社・組織の規模別4例

トラブル時の企業の規模・組織別の取るべき行動です。規模別とは、 1、問題を解決できるお金が潤沢にある会社(大企業・優良企業) 2、経営を揺るがすが、倒産まではいかない会社(中小規模企業) 3、組織の継続が出来ない場合の組織 (大企業:小さい組織に所属) 4、組織が解散、倒産する会社(大企業の弱小組織・中小規模企業)
2018.10.23
顧客

嫌な厳しい顧客は自分を成長させてくれる

厳しい顧客は人を成長させてくれます。 また、厳しい人は顧客の中でキーパーソンの可能性が高い。
2018.09.24
営業のタイプ

事業の違いによる、部品材料納入営業・装置営業・新規開発営業とは

B to B営業にて、業界の違いや、事業の種類によって、主に三種類あります。 代表的な種類の特徴や実践方法を説明します。
2018.09.23
スポンサーリンク