明けない夜はない。辛い嫌な仕事を乗り切る方法

明けない夜はない  名言・ことわざ・格言を仕事に活かす

 

職場で、ある変わった仕事が辛い時に、なんなく乗り切る方法を聞きました。

私は、今まで考えた事も、聞いたこともなく、驚きました。

この方法を聞いたのは、20代後半の部下と50代後半の上司からでした。

年代・役職関係なく言われている同じ言葉でした。

 

私自身、仕事を乗り切る方法の言葉は知らなかったので本当に驚きました。

 

・辛い仕事を乗り越える言葉は、「時間がたてば終わる」と思うことです。

 

昔、聞いたことのある名言「明けない夜はない」の考え方でした。

この言葉に効果があるかどうかを、私自身実験をしてみました。

 

その前に「明けない夜はないの意味」とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

明けない夜はない

 

明けない夜はないの意味は

・今は、苦しい、辛いと思っても長くは続かず、必ず好転するという意味です。

深夜の残業

 

語源の由来は不明で、誰の言葉かもわかっていません。

 

類義語で同じ意味のある言葉は

「止まない雨はない」があります。

 

朝のすがすがしさ

 

夜と雨を辛いこと、苦しいことに例えています。

 

言葉の気持の持ち方は

 

根拠はなくても、良くなると思えばリラックスし、自然と良い方向に行動し、結果良くなります。

 

スポンサーリンク

嫌な仕事を乗り切る方法の内容

 

「時間がたてば終わる」という嫌な仕事を乗り切る方法は次の様に思う事です。

 

嫌な辛い仕事があるときに、
今10時の場合、あと7時間くらいで仕事は終わるので、「時間がたつのを待てばいいと思えば心が楽になる」と考え仕事を行うと、実際に時間がたてば仕事は終わります。

 

この言葉を聞くと、一瞬は

ネガティブだあ

と思います。

 

しかし、この言葉は、深く考えてみると、ネガティブではなく、「明けない夜はない」考え方です。

 

・良くなると思う=時間がたつのを我慢するが、気持ちは前向き
・結果が好転する=成功して終わる

 

気持ちの持ち方は良いのですが、毎日続くとは嫌になるのでは?と思い、この20代に、翌日以降はどうするの?

と聞いてみました。

*さすがに50代の上司には聞けませんでした。

 

「翌日も、時間がたてば終わると思うようにします。」

 

えっと思いました。

毎日「時間が立てば忘れる」と思い続ければ、気持ちは楽になるので、辛い嫌な仕事も乗り切りれます。

また、この方法では、本質的な解決にならないと思われる方もいますが、嫌な仕事の原因を解決するには、更に大きなストレスが掛かります。

気軽に、仕事が終われば、ストレスに直面している辛い仕事から離れ、ストレスから回避できると思う時も必要です。

 

・嫌な仕事を乗り切るために、原因にまっすぐ向かうことは良いことですが、時には逃げることも大切な時があります。
人は全てを出来ないので、「明けない夜はない」と開き直ることで、良くなる方向に向かいます。
但し、本当に職場から逃げたら、逃げ癖がついてしまいます。
スポンサーリンク

「時間がたてば終わる」方法の実験

 

このような考え方もあるのかと思い、私自身も実験してみました。

・嫌な毎月の会議で、「時間がたてば終わる」と思う実験をしました。

「時間がたてば終わる」かを思うスタートを、いつから思うかで区分けして行いました。

 

・1ケ月目の会議に向けた実験(2時間前に思う)

非常に嫌な辛いストレスがかかる会議があった時に、会議中に「あと2時間で終わると心の中で言いました。」

 

すると時間ばかりを気にしてしまい、質問に対する適切な回答が出来ませんでした。
・2ケ月目の会議に向けた実験(1日前に思う)
2ケ月目はストレスのかかる会議の前日に「あと1日で終わると思うようにしました。」
すると資料作成に身が入らず、逆に終わった気になってしまい、最後の資料作成の追い込みができませんでした。結果、POORな資料となってしまい、会議も上手くいきませんでした。
・3ケ月目の会議に向けた実験(1週間前に思う)
最後に、ストレスのかかる会議の1週間前に「あと1週間で終わると思いました。」
これは、時間的に余裕があるので、気持ちが楽になり、資料作りも簡単にでき、準備が出来ているので会議も上手くいきました。

この実験の結論は

「時間がたてば終わる的な嫌な仕事を乗り切る方法」は

 

・時間的に余裕がある時ほど、効果がある
・嫌な仕事があることがわかれば、わかった時点で思うと気持ちが楽になり前向きになる
スポンサーリンク

まとめ

 

嫌な辛い仕事乗り切る方法

・時間が立てば終わると思う
・気持ちは明けない夜はないと考える
・すると気が楽になり、前向きに仕事にのぞめる
・嫌な仕事があることがわかれば、その時点から、「時間が立てば終わる」と思うと更に心の余裕が出来る

 

仕事に活かす!ことわざ・名言・格言の事例集からチャンスを掴む
仕事に使える「ことわざ・格言・名言・慣用句」を会社生活で活かせる事例集を紹介しています。 部下を初めて持った時に知る言葉や、視野を広げるための格言等があります。 また、石の上にも三年、時は金なり、百聞は一見に如かず、継続は力なり等の有名な言葉も紹介しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外出張はWIFIをお忘れなく

名言・ことわざ・格言を仕事に活かす
725mkをフォローする
サラリーマン営業のスペシャリスト  725mk