会社員の仕事

会社の経理・監査等

営業が社内の監査を簡単に乗り切る方法

営業は監査の準備を間際にやりがちです。顧客を優先するあまり、監査対応は自分とは関係ないと思う事で、準備をしないため、指摘や指導に陥ります。その後、対応策の実施や管理及び、報告が毎月あり、監査のフォローに追われます。
2018.10.06
会社の経理・監査等

費用清算が遅い人は社内で評価されません

この費用清算が遅い人がいます。 このタイプの人の営業は成績が良い時と悪い時が極端な成績になる事が多いです。 営業で清算をしない人は、営業に打ち込んでいる人で、顧客とあったり、受注を取ることが重要で、自分のお金は二の次のタイプが多いような気がします。
2018.10.06
サラリーマンの働き方

会社の机が汚いタイプは仕事が出来ない?

会社の机が汚い人は仕事ができるのでしょうか。まず、デスクが汚い人は2種類のタイプがあります。 1つ目は、「デスクの上の書類などを片付けていない、整理が出来ていないタイプ」です。 2つ目は、「整理出来ていない見た目だけでなく、机が机の上から引き出しまで汚れているタイプ」です。 このタイプで、時折、ダントツに仕事が出来る人がいます。
2018.10.06
サラリーマンの働き方

5年後の将来像は、偶然の必然性で達成出来るが、少し違った結果になる

5年後の会社での自分の姿を想像する事は会社員にも必要なことです。偶然の必然性を使って、達成させます。まず、5年後には2段階出世している、海外で大活躍している、その道のプロフェッショナルとして業界で有名になる等の想像をします。
2018.09.02
会社の経理・監査等

確実な売上債権回収のため、与信を設定し、与信を守る事の重要性

営業を行なっていると、必ず、与信の更新や、調査があります。与信は非常に大事です。営業はよく、受注を取ればいいと思う人が多いですが、営業は受注をとり、売上を上げ、債権を回収して初めて、1つのビジネスが完結します。
2018.09.24
会社員の仕事

企業の必要な人材は、創業期・成長期・安定期・衰退期で異なります

業種・規模・文化の事ではなく、歴史的にどの位置にあるかということを理解することにより、会社がどんな人材を求めているかがわかります。 典型的な歴史的位置とその時の求める人材像を記していきます。
2018.09.24
スポンサーリンク